調査結果


■Q1.あなたにとって受け取りたくないメール、困るメールはどんなものですか?
                        
全体
男性
女性
第1位 知らない個人からのメール   
73.60% (67.8% 78.5%)
第2位 100KB~1MB以上のサイズの
大きな(重たい)メール
63.80% (62.0% 65.4%)
第3位 知らない企業からのメール   
58.50% (57.0% 59.7%)
第4位 英語のメール(英語が読めない場合)
54.90% (49.3% 59.6%)
第5位 HTMLメール
(文字の色や大きさが変わったりするメール)
25.50% (27.1% 24.1%)
第6位 その他           
8.10% (7.7% 8.4%)
無回答                   
0.90% (1.0% 0.8%)


■Q2.メール機能が付いた携帯電話・PHSなどの携帯機器をお持ちの方にお伺いします。
メール機能について、普段どんな使い方をしていますか?(複数選択可)
                        
全体
男性
女性
第1位 同性の友達とのおしゃべり・コミュニケーションに
40.90% (33.7% 47.1%)
第2位 恋人や夫婦間でのおしゃべり・コミュニケーションに
27.60% (26.4% 28.6%)
第3位 家族との連絡に            
18.60% (16.0% 20.9%)
第4位 仕事の連絡に             
13.40% (19.0% 8.7%)
第5位 情報サービスに加入して情報を受信
12.70% (15.1% 10.7%)
第6位 パソコンに届いたメールの確認   
7.70% (10.0% 5.7%)
第7位 その他                 
4.20% (5.0% 3.6%)
無回答                     
37.40% (35.9% 38.6%)


■Q3.パソコンでインターネットやメールを利用されている方にお伺いします。
Eメールを普段どのようにお使いですか?(複数選択可)
                        
全体
男性
女性
第1位 海外や遠距離の友人・知人・家族とのコミュニケーションに使っている
63.70% (55.6% 70.6%)
第2位 近距離だが普段あまり会えないの友人や家族とのコミュニケーションに使っている
62.40% (51.6% 71.5%)
第3位 情報サービスに加入して各種情報受信に使っている
55.40% (58.8% 52.5%)
第4位 普段会っている友人や家族との夜間のコミュニケーションに使っている
37.50% (33.2% 41.2%)
第5位 ビジネスでの業務通達や情報交換、データ送受信に使っている
34.90% (49.3% 22.6%)
第6位 普段会っている友人や家族との昼間のコミュニケーションに使っている
30.10% (27.4% 32.4%)
第7位 主にモバイルツール(ノートブック等)を使って屋外で使っている
3.10% (4.7% 1.7%)
第8位 その他                 
2.70% (2.5% 2.9%)
無回答                     
1.20% (1.2% 1.2%)


■Q4.受け取ったメールにURL(ホームページアドレス)の記載があった時、あなたはどうしていますか?(複数選択可)
 
全体
男性
女性
第1位 自分に興味関心があるメールであれば、身に覚えの無い企業からのメールでも、クリックする場合がある
55.60% (58.5% 53.2%)
第2位 友達や家族からのメールの場合に限りクリックする場合がある
46.00% (39.6% 51.5%)
第3位 iMi等の会員制メールに限りクリックする場合がある
38.20% (33.8% 41.9%)
第4位 会員ではないが身に覚えのある企業からのメールはクリックする場合がある
33.50% (33.8% 33.3%)
第5位 その他のある特定のメールに限りURLにクリックする場合がある
13.20% (14.4% 12.2%)
第6位 誰からのメールでも記載されたURLは全てクリックしてみる
5.10% (5.4% 4.9%)
第7位 誰からのメールでも記載されたURLはクリックしない
2.40% (2.9% 2.1%)
無回答                     
1.30% (1.3% 1.3%)


■Q5.最近、インターネットで知り合った異性とメールでコミュニケーションをとり、恋愛に発展するという「ネット恋愛」や「メール恋人」という言葉がよく聞かれますが、みなさんはこの「ネット恋愛」について、どうお感じになりますか?

今回は大変多くのご意見をお聞きすることが出来ました。
「恋愛」という定義 にはみなさん様々な価値観があって、いろいろと評価が分かれるところのようです。

私も素敵なメールフレンドと1年10ヶ月お互い500通以上のメールが交換されている。
お互いの宝物としてお互いがMOに残してあります。
先日PCを再セットアップの緊急事態に、彼のメールはすべてMOに保存したのですが、自分が出したのを誤って削除して、すべて消えてしまった時に、彼に話したら、自分のMOの月ごとに保存してある私のメールをlzhで送ってくれました。その時は、私のメールを大切に保管してくれていると感激しました。

=素敵なネットライフを充実されてますね。うらやましい限りです。

ネット恋愛といっても、たまたま最初の接触がメールからというだけで あって、やっぱり恋愛に発展するかどうかは実際に会って見ないと わからないと思います。
そういう意味で、特別なもののように語られているネット恋愛も普通の恋愛とかわりないのでは。

=今回多かったのが「ネットははじめの切っ掛け」というご意見でした。
  やはり文字だけでなく、実際に会ってみないと恋愛まではさすがに、とのようですが、このような方もいらっしゃいました。

インターネットがまだ一般的でなかった時代に「ネット結婚」をしました。
外見や学歴・職業にとらわれないコミュニケーションから恋愛に発展する点でいい形でのおつきあいができると確信しています。

=多様な「ネット恋愛」の形があります。否定するも肯定するも、それはあなた次第なんですね。ですからその危険性を示唆する方もいらっしゃいました。

相手の素性があるていどわかってこないとリスキーな面も否定できないので自らの情報の公開に関しては自己責任能力が問われ、ひとくちに恋愛とはいえ、なんでもOKではないと感じます。

出会いのきっかけは何でもかまわないと考えます。ただし犯罪に発展する可能性を完全に否定できない以上Your own risk だけではなく何らかのガイドラインは必要になるかもしれません。

=私もそのとおりだと思います。ネットでのコミュニケーションは相手の顔が見えない分、危険性も否めません。
みなさんご自分の強い意志と責任感を持ってネットライフを楽しみましょう。

では最後に「出会い」に対する率直なご意見。

取りあえず、手段が何にしろ、知り合うことができたのだから、良いことだと思います。

=なるほど。人に優しくなれれば、思いがけない人と出会えるネットでのコミュニケーションは、実はすばらしいものなのかもしれませんね。