調査結果


■Q1.転職について、ご自分にあてはまるものを選択してください。
   
全体
男性
女性
第1位 転職経験者である 37.00% (35.8% 37.9%)
第2位 今は働いていない(学生など含む) 26.30% (15.1% 35.4%)
第3位 転職を考えたことはあるが、転職には
至っていない
24.70% (33.3% 17.7%)
第4位 転職を考えたことは一度もない 7.70% (11.4% 4.6%)
第5位 現在転職活動中である 4.30% (4.4% 4.3%)


■Q2.転職する際、考慮する点は何ですか?(複数選択)
   
全体
男性
女性
第1位 給与・待遇 82.00% (79.0% 84.5%)
第2位 仕事内容(キャリアアップなど含む) 78.60% (76.0% 80.7%)
第3位 環境・場所 63.00% (53.9% 70.4%)
第4位 事業内容 45.80% (49.5% 42.7%)
第5位 安定性 43.10% (41.3% 44.6%)
第6位 将来性 39.60% (49.5% 31.6%)
第7位 経営者の人柄・イメージ 27.00% (24.0% 29.4%)
第8位 企業風土 17.30% (19.6% 15.4%)
第9位 その他 2.30% (2.0% 2.5%)
無回答   1.70% (1.6% 1.9%)


■Q3.転職サイトについて、ご自分にあてはまるものを選択してください。
(複数選択)

   
全体
男性
女性
第1位 利用したことはない 53.50% (52.2% 54.6%)
第2位 覗いてみたことがある 30.00% (30.8% 29.2%)
第3位 掲載されている求人情報から自分の条件に合う企業を探してみた 14.90% (14.4% 15.3%)
第4位 転職サイトに登録した 10.80% (12.4% 9.6%)
第5位 査定や各種診断テストをしたことがある 8.00% (8.9% 7.3%)
第6位 紹介された企業に応募したり履歴書を
送ったことがある
4.20% (5.0% 3.5%)
第7位 転職サイトを活用して転職した 2.10% (2.2% 1.9%)
第8位 その他 1.00% (1.0% 0.9%)
無回答   1.80% (1.5% 2.0%)


■Q4.転職サイトを利用した経験談をお聞かせください。
(転職する際の転職サイトの上手な活用法など)

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆ 転職に成功した人の声
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
結局あるサイトを利用して外資系のコンサルティングファームに転職が成功しました。
給与水準もあがり、満足しています。
基本的にサイトを通しているのでドライに活用できるところが一番の魅力ですし、ある程度までの条件の詰めがバーチャル感覚でできるのは結構気楽でいいと思いました。(43歳・男性)

やはり転職サイトのメルマガを利用するのが便利で良いと思います。
自分のやりたい分野を登録しておけば、その分野での新着情報を届けてくれます。
私はそれで大阪にいながらにして東京への転職に成功しました。
私はマスコミだったのでマスコミの情報を多数扱うサイトを選びました。(25歳・女性)

面接が決まるまで本名を明かさなくて良いから、待遇など面と向かっては聞きにくいことが遠慮なく聞け、自分の希望を率直に相手に伝えることができた。
また、相手が実際にどのような求職者を欲しいかを質問することができた。
もちろん新聞の求人欄も活用したし、定期的に職安にも足を運んだ。
しかし私のような高齢者には最初は抵抗があったが、実際に経験してみると、転職サイトを活用する方が時間的にも効率が良いし、何より本音で聞いたり言える点が良かった。(58歳・男性)

ただ求人情報が載っているだけのサイトだと細かいことがよく分からなかった。
登録制のサイトでは、自分の自己紹介・経歴・スキルを見た上で、企業の人事担当者からコンタクトを取ってきたりもするので、とても有効利用できた。(28歳・女性)

最初はあまり利用する気にはならなかったのですが、Uターン転職を考えていたため転職活動が大変でした。ですが、地元企業に密着した転職サイトが有り利用してみたところ、自分の望む企業に転職することが出来ました。結果的にUターンが実現し、かつ、キャリアアップにもなりました。(27歳・男性)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆ 活用するに至らなかった人は・・・
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
利用はしましたが、東京都の求人ばかりで田舎のものはほとんど無かったので活用できませんでした。田舎の求人も充実していればいいのに…地方の職安がネットに公開してくれると便利ですね。(33歳・女性)

実際にこのようなサイトを利用して転職に成功した人はどれくらいいるのか、ちょっと疑問に感じます。
私の場合は、(恐らく)年齢がネックで実際には、転職には結びついていないという現実です。(40歳・女性)

メールなどですばやく対応してくれる所は有りがたいが、ネットで必要事項をすべて送信してあるのに、再度書類で提出させるような会社は何を考えているのか理解に苦しむ。
ネットを利用する以上、もっとデジタルな対応を考慮して欲しいものだと思う。(38歳・女性)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆ 利用価値はあるよ!
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
スキルなどを登録しておいて、企業側からアクセスしてもらえるので便利。
自分で捜すにしても、条件でしぼれるので、インターネットがなかったとこの事を考えるとずいぶんと捜しやすくなったとおもう。
現在、人材紹介のほうも頼んでいるが、面接の注意点や、面接の手配、経歴書、履歴書まで用意してもらえるし、写真がいらない点で経済面でもちょっと特してます。
あとは、自分のやる気と、スキルがたりない・・・でも、便利な状況ではある。(29歳・男性)

転職を考えていない場合でも、これらのサイトは利用すべきである。
社内でずっと過ごすと自己の客観的価値がわからなくなる。自分の仕事を見直すためにも利
用する価値あり。(29歳・男性)

いろいろなメディアを使って求人情報を取得したかったため利用した。
転職サイトの利用はとても気軽に行えるため、転職だけでなく、現在の業界の方向性などが伺えると思う。(28歳・男性)

仕事、業種の数の多さを感じた。転職よりも、こういう隙間の業種だったら、あるいはさらに隙間の業種を考えれば、独立も可能ではないかと考える参考にもしている。(45歳・男性)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆ これから転職をする方へのアドバイス
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
最初の問い合わせは気軽にできるのがよいと思います。ただし実際にアドバイザの方と会って話をしてみるのも重要です。(36歳・男性)

「ただ登録しておしまい」という受け身な心構えだと、まず失敗します。
積極的にメールや電話で企業に問い合わせたりして、サイトは「あくまで情報を得る手段のひとつ」と考えたほうがよいでしょう。(34歳・男性)

自分が何をやりたいかはっきりさせてから、登録をすること。
やみくもに登録することは選択の幅が広すぎるため、必ず自分の業種・職種にあったコンサルなりサイトなりを判断することが重要です。(40歳・男性)

転職を希望する方は、面接に行ける準備を常にしておいた方がいいです。
タイミングです。今日いい仕事が無かったといっても、明日は見つかるかもしれません。これ!と思ったら即行動。(35歳・女性)

職種と条件さえ決まっていれば、時間に余裕のあるとき見れるメールが一番便利です。
後は、信頼できる(その業種を扱っている)サイトさんにお願いすれば面接などの調整時間が取られません。
なので、便利な使い方というか、私的に良かったと思う使い方は、自分のやりたいこと、譲れないことを決め、後はお願いして求人票を送ってもらい、気に入ったところに連絡をお願いし、後は自分の休みを担当の方に伝え、面接の日を待つ。ですかね?(26歳・女性)

アナログ媒体(雑誌、新聞広告)と組み合わせ、複数のサイトから幅広い求人情報を検索し、自分にあったものを見つけていくという地道な作業が重要。
熟慮するというより、情報は新鮮なうちに利用することを心掛け、即座に行動(アクセス)することがチャンスを逃さない秘訣だと思う。
そのためにも、メールで自己 PRする際には、前もって記述する内容を吟味しストックすることも必要かもしれない。
もちろん、単純にフォーマット化してしまっては、「薄い」内容になってしまうので必ず手を加えたり、もしくは、全面的に見直すなどを当然しなければならない。(29歳・男性)