調査結果


テーマ ◆ 年代でどう違う?iMiメンバーの音楽生活! ◆

見事に出ました音楽生活の年代差! ”若さ”と”音楽好き度合い”は比例する?!
音楽業界を支えているのは女性と若者。 男性は「ジャズ」、女性は「ヒーリング」で癒される。

■Q1.音楽の好き度合い、あなたはどのタイプ?(一つ選択)
  四六時中、聴いていたい! かなり好き。 いつもではないが気が向けば聴く。 なくても平気かも。たまには聴く。 自分からは聴かない。
19歳以下 16.0% 47.30% 28.40% 7.40% 1.00%
20代 8.30% 33.70% 41.70% 15.00% 1.20%
30代 4.40% 25.60% 46.60% 21.60% 1.80%
40代 3.50% 24.00% 49.00% 21.20% 2.30%
50代 2.40% 23.00% 49.40% 21.50% 3.70%
60歳以上 2.00% 23.20% 49.00% 20.50% 5.30%

グラフ1

  四六時中、
聴いていたい!
かなり好き。 いつもではないが
気が向けば聴く。
なくても平気かも。
たまには聴く。
自分からは
聴かない。
男性 5.8% 26.9% 45.7% 19.6% 2.1%
女性 6.7% 31.5% 42.9% 17.4% 1.5%

グラフ2

  四六時中、
聴いていたい!
かなり好き。 いつもではないが
気が向けば聴く。
なくても平気かも。
たまには聴く。
自分からは
聴かない。
未婚 9.4% 35.5% 39.2% 14.6% 1.3%
既婚 3.6% 24.2% 48.4% 21.6% 2.2%

グラフ3

★まずは、19歳以下の世代において“音楽なしには考えられない生活”を過ごしている様子がうかがえますね。また、1.「四六時中、音楽を聴いていないとガマンできない!」と2.「かなり好きなほう。・・・」を足すと女性の4割近くが「音楽好き」だと答えています。
日本の音楽を支えているのは「女性」と「若者」!ともいえそうですね!


■Q2.あなたがよく聴いていて、好きと感じている音楽のジャンルを教えてください。
(2つ選択)

  【No.1】 【No.2】 【No.3】
19歳以下 J-POP(80.7%) ロック/ポップ(47.8%) クラシック(13.7%)
20代 J-POP(75.4%) ロック/ポップ(45.2%) クラシック(13.8%)
30代 J-POP(66.9%) ロック/ポップ(42.3%) クラシック(17.1%)
40代 J-POP(56.8%) ロック/ポップ(35.4%) クラシック(23.2%)
50代 演歌/歌謡曲(35.2%) クラシック(32.5%) J-POP(32.0%)
60歳以上 クラシック(53.1%) 演歌/歌謡曲(44.8%) ジャズ(26.2%)

★ジャンルでいうと圧倒的に「J-POP」が強いですね。
また、男女別にみると、男性は「ジャズ」、女性は「ヒーリング」が全体的に多く、男女での違いがはっきりと見えました。


■Q3.私だったらこれは絶対聴かないなぁ、というジャンルを教えてください。
(2つ選択)

       【No.1】 【No.2】 【No.3】
19歳以下 演歌/歌謡曲(55.1%) レゲエ(26.3%) ※ワールドミュージック(19.7%)
20代 演歌/歌謡曲(51.1%) レゲエ(30.9%) ※ワールドミュージック(20.2%)
30代 演歌/歌謡曲(36.2%) レゲエ(34.3%) ※ワールドミュージック(24.5%)
40代 レゲエ(39.6%) 演歌/歌謡曲(30.1%) クラブ/ダンス(24.2%)
50代 レゲエ(46.7%) クラブ/ダンス(24.5%) 演歌/歌謡曲(22.1%)
60歳以上 レゲエ(44.5%) ロック/ポップ(25.6%) ソウル/ブラックミュージック(24.8%)
※ワールドミュージック=カントリー、シャンソン民族音楽等

★Q2とQ3を総合すると、好みのジャンルは世代ごとにはっきり違いがでたようです。
さらに、「演歌/歌謡曲」はiMiメンバーの女性にはずいぶんと嫌われている様子です。


■Q4.あなたはCDやレコードを買ったりレンタルしたり、またライブに出かけるなど、1ヵ月にどのくらい音楽にお金をつかいますか?(1つ選択)
  【No.1】 【No.2】 【No.3】
19歳以下 3000円未満(31.7%) 500円未満(24.9%) 1000円未満(21.4%)
20代 3000円未満(26.7%) 500円未満(24.3%) 1000円未満(17.9%)
30代 500円未満(32.2%) 3000円未満(34.3%) 1000円未満(20.3%)
40代 500円未満(32.0%) 3000円未満(26.0%) 1000円未満(21.7%)
50代 500円未満(35.3%) 3000円未満(25.0%) 1000円未満(21.2%)
60歳以上 500円未満(35.9%) 3000円未満(23.7%) 1000円未満(22.8%)

★20代までの1位は「3000円未満」、30代以降はの1位は「500円未満」でした。
といっても20代までにも「500円未満」にもかなりの回答がみられますので、それぞれの世代すべてに2つのボリュームゾーンを持つようです。


■Q5.あなたの、こういう感じで音楽を聴くのが好き!を具体的に教えて下さい。

★傾向は・・・
「・・・をしながら音楽を聴く」という表現が多かったですね。
また、お気に入りの飲み物とセットになることも多いようですね。
さまざまな生活シーンで音楽は私たちの生活になくてはならない様子がよくうかがえました!

*** 以下にいくつかご紹介します。***

◎やっぱり音楽はLIVEが一番!生の音をそのまま身体中で感じるときは本当に気持ちが良い。
またアーティストの曲に込められた気持ちを感じ取れるのもやはりアンプだけ通した音が一番ビリビリきます。(10代 女性)

◎ベッドで寝転びながら、音楽を聴いてるのが1番好きです。
そこに、好きな人とのメールや電話が加われば言う事なし!(10代 女性)

◎子育て中なので、ゆっくり座って聞く事はできないけれど、洗濯物をたたみながらとか掃除をしながらとか、家事が気持ちよくできるので、つい音楽をかけてしまいます。(20代 女性)

◎CD類はそれなりに買うが、それよりもネット上で公開されている、インディーを聞くようになりました。新しい発見が次々出てきて面白いです。(20代 男性)

◎結婚前はコンサートに行くのも好きで、ノリノリだったけれど、最近はとんとそういう傾向が薄れてきていて..テレビや車のラジオから流れてくる曲で良いものがあるとその流れで聴いている..という感じです(^^;。(30代 女性)

◎本を読みながら、映画のサントラきくのが好き♪(30代 男性)

◎民族音楽というとディープですが、風景などの写真集を眺めながらその地域、地方の音楽を聴くのが好きです。時々目を閉じて頭だけトリップしちゃいます。(40代 男性)

◎生の演奏を聴きたくなるので 一年に数回 好きなミュージシャンのコンサートへ行く。家では、車に乗った時に音楽を聴く。
仕事で疲れている時には、好きなミュージシャンの音楽さえ聴きたくないので ひたすら静かにすごす。(40代 女性)

◎年齢と共に変わりました。小学校の時はトランジスターをいつも持ち歩いていました。そのあとは部屋でいつも聞いて。今はのんびりベランダにお茶を持って行ってきいています。(50代 男性)

◎家庭内の用事をしながら、イージーリッスニングを聞くのが最高。
CSラジオで常時音楽を流している。そのときの気分次第でポップだったり、クラシックだったりする。
音楽を聴くと自然にリズムをとる。身体を動かさなくても体内で血が騒ぐ(?)のが解る。(50代 女性)

◎しゃれたレストランで食事をして、コンサートホールでクラシックを聴く、というデート&心の洗濯型が最高(ただし、かなりの出費を伴う。)(50代 男性)

◎クラシックを流し、指揮者のつもりでタクトをふる。(60代 男性)

◎ゆったり座って集中して聴くことは少ない。皿洗いなど退屈な作業をするときや調理中、またリフォームなどをするときはFM放送を付けっぱなしです。
メールマガジンを読んでいる時も、大好きなベートーベンのCDをかけます。(60代 女性)

◎ショットバー的な店で一杯飲みながらバックグランドに流れるモダンジャズを聴く。(60代 男性)


 ■□■近況教えてコーナー■□■
Q.あなたが今、住んでいる町はどんなところ? 全体 男性 女性
1.大きな町 25.4% 27.0% 24.3%
2.ちょっと郊外 38.0% 37.7% 38.3%
3.下町 6.4% 6.0% 6.8%
4.新しくできた町 3.3% 3.2% 3.4%
5.海や湖などが見える町 5.4% 5.3% 5.4%
6.山の見える町 8.9% 8.6% 9.2%
7.田畑がたくさんある町 12.3% 12.0% 12.5%
8.何にもない原野 0.3% 0.3% 0.2%

iMiメンバーの住んでいる町は、
「ちょっと郊外約4割、大きな町約3割、自然があふれるところ残り約3割」。
ちなみに10代は他の年代に比べて“カントリー”に住んでいるようです。