調査結果

「ご家庭でNHKのテレビ放送を見ているか」を聞いたところ、「ほとんど見ない」は3割。7割が何らかの形でNHKを見ていることになる。また、具体的に見る番組では、「ニュース・報道」が7割以上で、2位の「ドキュメンタリー・教養」(32.2%)を大きく離していた。しかし、「NHKがなくなると困るか?」の問いでは、「大変困る」、「少し困る」の回答が4割に満たなかった。
「ご家庭でNHKのテレビ放送を見ているか」を聞いたところ、「ほとんど見ない」は3割。7割が何らかの形でNHKを見ていることになる。また、具体的に見る番組では、「ニュース・報道」が7割以上で、2位の「ドキュメンタリー・教養」(32.2%)を大きく離していた。しかし、「NHKがなくなると困るか?」の問いでは、「大変困る」、「少し困る」の回答が4割に満たなかった。
 
<NHKは見ますか?>
 よく見る 26.5%
時々見る 42.5%
ほとんど見ない 31.0%
 
<NHKで見ている番組>(複数回答可)
  ニュース・報道 72.6%
ドキュメンタリー・教養 32.2%
ドラマ 27.0%
スポーツ 26.3%
趣味(きょうの料理等) 18.1%
 
<NHKがなくなると困りますか?>
  大変困る 10.2%
少し困る 28.8%
あまり困らない 33.3%
全く困らない 27.7%
 
 
「現在、NHK受信料を払っているか?」との問いには、「払っている」が7割以上を占めた。受信料支払い拒否・保留世帯に対しての支払い督促については、「督促すべきではない」が55.2%と、反対が賛成を上回る結果となった。
 
<NHK受信料>
  払っている  71.6%
以前払ったことはあるが、
今は払っていない
16.6%
一度も払ったことはない 11.7%
 
<受信料支払い拒否・保留世帯に対して>
  督促すべきだと思う 44.8%
督促すべきではないと思う 55.2%
 
「NHKが受信料を払わないと見ることができない仕組みになったとしたら?」と聞いたところ、半数以上が「払わないと思う」と回答。現在の受信料体制については、8割近くが「変えるべき」と考えており、具体的に「どう変えるべきか?」では、「CATVのように見る人だけがお金を払う仕組みを作る」の回答が4割を超えて1位となった。
 

<NHKが受信料を払わないと見られない仕組みになったとしたら?>

    払うと思う  41.5%  
払わないと思う 58.5%  
 

<現在の受信料体制>

    良いと思う  21.8%  
  変えるべきである 78.2%  
 
<変えるとすれば、どう変えるべきだと思いますか?>
    CATVのように「見る人だけがお金を払う」仕組みを作る 40.6%  
  民間放送のように無料にする 32.6%  
  もっと安い価格設定にする 13.3%  
  公共料金同様に「必ず全員が払う」仕組みを作る 11.2%  
  その他 2.3%  
 
テレビを見る時間(NHKに限らず)については、「あまり変わっていない」が半数近くを占め、それ以外は「減っている」が大半。「増えている」はごく少数派であった。あわせて、「紅白歌合戦」について聞いたところ、5割が「見なかった」と回答。「大晦日の夜は紅白歌合戦を」というのがどこの家庭でも当たり前だったのは、もはや過去のコトのようである。
 
<テレビを見る時間>
  減っている 26.0%
少し減っている 24.9%
あまり変わらない 43.5%
やや増えている 4.7%
増えている 0.9%
 
<紅白歌合戦>
  ほとんど見た 11.7%
少しだけ見た 38.9%
見なかった 49.4%
 
 調査結果   

■Q1.あなたのご家庭では、NHKのテレビ放送を見ていますか?

よく見る 26.5%
時々見る 42.5%
ほとんど見ない 31.0%
 
 

■Q2.あなたのご家庭では、以下のNHK放送を見ますか?(いくつでも)

 
ニュース・報道 72.6%
ドキュメンタリー・教養(プロジェクトX 挑戦者たち等) 32.2%
ドラマ 27.0%
スポーツ 26.3%
趣味(きょうの料理等) 18.1%
教育 16.7%
音楽(ポップジャム・NHKのど自慢等) 15.0%
バラエティ(コメディー 道中でござる、爆笑オンエアバトル等) 12.4%
アニメ 12.4%
語学 9.1%
映画 8.6%
その他 2.3%
一切見ない 11.2%
 
■Q3.現在あなたのご家庭ではNHK受信料を払っていますか?
 
払っている

71.6%

以前は払ったことはあるが、今は払っていない 16.6%
一度も払ったことはない 11.7%
 
 
■Q4.NHKは受信料支払い拒否・保留世帯に対し、法的措置の「支払い督促」を導入する方針を示しました。これについて、あなたはどう思いますか。
 
督促すべきだと思う 44.8%
督促すべきではないと思う 55.2%
 
 
■Q5.もし、NHKが受信料を払わないと見ることができない仕組みになったとしたら、あなたは受信料を払うと思いますか?
 
払うと思う 41.5%
払わないと思う 58.5%
 
 
■Q6.受信料体制は今の通りで良いと思いますか?
 
よいと思う 21.8%
変えるべきである 78.2%
 
 
■Q7.変えるとすれば、どう変えるべきだと思いますか?
 
CATVのように「見る人だけがお金を払う」仕組みを作る 40.6%
民間放送のように無料にする 32.6%
もっと安い価格設定にする 13.3%
公共料金同様に「必ず全員が払う」仕組みを作る 11.2%
その他 2.3%
 
 
Q8.あなたはNHKがなくなると困りますか?
 
大変困る 10.2%
少し困る 28.8%
あまり困らない 33.3%
まったく困らない 27.7%
 
Q9.昨年と比較して、あなたの「テレビを見る時間」は減っていますか?(NHKに限らず)
 
減っている 26.0%
少し減っている 24.9%
あまり変わらない 43.5%
やや増えている 4.7%
増えている 0.9%
 
 
Q10.去年の年末の「紅白歌合戦」は見ましたか?)
 
ほとんど見た 11.7%
少しだけ見た 38.9%
見なかった 49.4%
 
■Q11.NHK放送に期待すること、思い出などありましたらご自由にお書きください。
 
  • 常に公平な立場で、冷静に事実をありのままに報道して欲しい。視聴率等にあまりこだわる必要はないと思う。民放とは違うのだから。(45歳女性、自営業、石川県)
  • 督促うんぬんの前に、NHKの体制はどう変わるのか、または変わる予定なのか、国民に向けてのさらなるアピールが必要だと思う。今こそ長年のお役所体質を変えるべきである。(30歳男性、自営業、沖縄県)
  • 受信料は本来の目的のために使ってほしい。各部署で会計チェックを厳しく行って、不正に使われないよう管理してください。私はNHKを全く見ていないので、今の受信料は高すぎて不満に思いつつ仕方なく払っています。(51歳女性、専業主婦、埼玉県)
  • これからも他の局にはない視聴者に媚びることのない番組作りを期待します。小学校の頃に「新日本紀行」を見ていました。社会の授業では教わらないけれども、同じ日本に住んでいることへの驚きと感動とそして未知なる他の地への憧れのようなものを感じたものです。(42歳女性、専業主婦、兵庫県)
  • まず受信料を払おうと言う気持ちになるように、体制を整えて欲しい。今までの問題が何の解決もされておらず、納得のいく形で責任も取られていない状態であるのに、料金を払わない人に督促までするのは根本的におかしい。また、実際今までと変わらず払い続けている人の期待を裏切らないで欲しい。これからも益々充実した番組を期待している。(30歳女性、専業主婦、大阪府)
  • 昔は紅白歌合戦を見るのが楽しみだったのですが、最近はほとんど見ないのでもっと時代に即したものを考え出さないと視聴者は離れていってしまうばかりだと思う。(42歳男性、会社員、千葉県)
  • 何かと不祥事の事だけが大きく報道されているようですが、あくまでNHKの組織の一部の問題(体質?)であり、多くの方は真面目に仕事されているのではないかと思っています。その様な真面目な方の為にも、これからはそういった(良い印象の)部分が見えてくる事を期待していますので、頑張っていただきたいと思います。(31歳男性、会社員、福島県)