調査結果

 
結果は、「自分が脳死状態ならば臓器提供したい」という人は67.6%、「自分に臓器移植が必要な場合は受けたい」人は75.9%で、予想外にポジティブな意見が多かった。また、自分の親兄弟や子供に生体肝移植が必要な場合は「提供する」が91.8%。これはまあ、当然といえば当然か。
<自分が脳死状態ならば臓器提供したいか>
  できれば提供したい 67.6%
できれば提供したくない 32.4%
<自分に臓器移植が必要な場合は受けたいか>
  たぶん受けると思う・受けたい 75.9%  
多分受けないと思う 24.1%
<自分の親兄弟や子供に生体肝移植が必要な場合>
  たぶんすると思う 91.8%  
きっとしないと思う 8.2%
 そもそも、臓器移植については、どれほど意識されているのだろうか? 関連用語の認知度は「生体肝移植」「臍帯血」が約7割、「献血」「臓器移植」「骨髄バンク」「臓器提供意思表示カード」はほぼ100%だった。だが、その経験や登録については「献血」が52.9%、「骨髄バンク」が2.4%。「臓器提供意思表示カード」を保有している人は17.3%で、まだまだの状況ではある。臓器移植法の内容や脳死判定基準については、ある程度理解している人がそれぞれ21.6%、40.3%もおり、予想外に高い数字に驚いた。
<関連用語認知度>
  (単語) (知っている) (知らない)
献血 99.5% 0.5%
臓器移植 98.8% 1.2%
生体肝移植
74.5% 25.5%
骨髄バンク 97.0% 3.0%
臍帯血 71.5% 28.5%
臓器提供意思表示カード 94.8% 5.2%
回答の中には「提供したい気持ちは強いが、いざとなったら自分がどう判断するか想像がつかない」という声が大変多かった。まずは、冒頭に書いたように、「躊躇しないで提供できる」態勢の整備が必要だろう。せめて1泊2日の入院で済めば、骨髄バンクの登録者も増えると思う。
 
調査結果
 
■Q1.臓器移植法という法律があることを知っていますか?
法律の内容もある程度は理解している 21.6%
「臓器移植法」という単語は知っている・聞いたことがある
60.1%
知らない・初めて聞いた 18.3%
■Q2.「脳死」についてはどうですか?
どの程度なら脳死判定されるかをある程度は理解している 40.3%
「脳死」という単語は知っている・聞いたことがある 58.7%
知らない・初めて聞いた 1.0%
■Q3.あなたは次の単語の意味を知っていますか?
  知っている 知らない
献血 99.5% 0.5%
臓器移植 98.8% 1.2%
生体肝移植 74.5% 25.5%
骨髄バンク 97.0% 3.0%
臍帯血 71.5% 28.5%
臓器提供意思表示カード 94.8% 5.2%
■Q4.あなたは「自分」が脳死状態になったとき、自分の臓器などを見ず知らずの人に提供することをどう思いますか?
できれば提供したい 67.6%
できれば提供したくない 32.4%
■Q5.「臓器移植以外に助かる道はない」と意思から宣告されたとき、他人からの臓器提供を受けますか?
たぶん受けると思う・受けたい 75.9%
たぶん受けないと思う 24.1%
■Q6.「献血」したことはありますか?
献血したことがある 52.9%
献血したことはないが、いつか献血しようと思っている 28.4%
献血したことはないし、今後するつもりもない 18.7%
■Q7.あなたは「骨髄バンク」に登録していますか?
登録している 2.4%
現在登録していないが、いつか登録するつもり 51.1%
登録していないし、今後するつもりもない 46.5%
■Q8.あなたは「臓器提供意思表示カード」を持っていますか?
持っている 17.3%
現在持っていないが、入手しようと思っている 45.3%
持っていないし、今後持つ意思もない 37.4%
■Q9.あなたは自分の親兄弟子供に「生体肝移植」が必要な人がいたとし、あなたの肝臓の移植が可能であると判明したら、自分の肝臓の一部を提供しますか?
たぶんすると思う 91.8%
きっとしないと思う 8.2%
■Q10.臓器移植についてのご意見をお願いいたします。提供を受けたことのある方、提供をしたことのある方は体験談をお聞かせください。
  • 見ず知らずの他人に臓器を提供すること、されることには抵抗がある。理由はわからないが・・・。(31歳男性・会社員・長野県)
  • 人助けのため・・・?提供をしたいと思うが、イザその場になったときを考えたりすると素直にうなづけない部分がある自分が受かる立場になったとき・・完全なる死を迎えていない人の臓器をゆずってもらうという考えには絶対に至らないと思う。(48歳女性・専業主婦・東京都)
  • 脳死って交通事故で起こることが多いのではと思います。臓器提供意思を免許証の裏にシールではるものがありますが、免許証の裏に印刷してもらったほうがいいと思います。印刷代だけで済むし。(33歳女性・専業主婦・香川県)
  • 生きるためなら何とかして助かりたいと思うのは当然で、助けたいと思うのも当然だと思う。金銭的なトラブルや圧力がなければ国が推奨すべき事だと思う。(24歳女性・その他・東京都)
  • 私としては、身近な人がもし亡くなっても、その臓器を提供したいとは思いません。そのままの姿で、送りたいというのが本音です。(41歳女性・専業主婦・埼玉県)
  • 賛否両論はあると思うけど、脳死判定後、助かる命があるのならそのために自分の臓器移植をしても良いと思う。家族に移植して助かる命があるのならそのために自分の臓器を移植しても良いと思います。(32歳女性・その他・北海道)
  • どう生きるかがテーマであって、どこで、どんなことで、いつくるか分からない死を考えれば、今を精一杯生きたいと思う人に臓器提供が出来るなら、それがいいと感じています。ましてや、死んでしまえば、その体は器でしかないのですから・・・。(34歳男性・会社員・東京都)