調査結果

 
まず、子供については「早く欲しいと思っていた」と「いつか欲しいと思っていた」で9割以上を占めていた。
 
次に、子供が生まれたのは、どんなことが影響しているか聞いたところ、上位3位は、「いま生まないと、年齢的に出産・子育てできなくなると思った」(35.8%)、「親になる心の準備ができた」(25.7%)、「結婚した」(24.1%)であった。
出生率が増加した理由については、景気の回復などの外的要因だけでなく、気持ちや考え方の変化などによる内的要因も大きく影響しているようだ。
調査結果
■Q1.あなたは結婚何年目ですか?
1年目 10.2%
2年目 16.6%
3年目 22.8%
4年目 13.5%
5年目 9.7%
6年目 9.5%
7年目 5.3%
8年目 3.8%
9年目 3.5%
10年目 1.3%
11年目 1.5%
12年目 0.7%
13年目 1.3%
14年目 0%
15年以上 0.4%

■Q2.お子様が生まれたのは何月ですか?(複数いらっしゃる場合は、一番下のお子様についてお答えください。)

2006年1月 23.7%
2006年2月 17.3%
2006年3月 17.3%
2006年4月 12.2%
2006年5月 9.1%
2006年6月 10.4%
2006年7月 4.7%
2006年8月 5.1%
■Q3.そのお子様は第何子ですか?
第1子
50.7%
第2子 38.1%
第3子 9.5%
第4子 1.3%
第5子以上 0.4%

■Q4.これまでも、子供が欲しいと思っていましたか?

早く欲しいと思っていた 10.5%
いつか欲しいと思っていた 47.9%
できなくてもいいと思っていた 9.5%
欲しくないと思っていた 1.2%
■Q5.子供が生まれたのは、どんなことが影響していると思いますか?あなたご自身か配偶者に当てはまる項目をお選びください。(複数回答可)
残業が減った 5.7%
給料・ボーナスが増えた 6.2%
仕事にやり甲斐が出てきた 6.8%
転職・転勤などで心機一転した 5.7%
通勤時間が短くなった 2.7%
共働きになった 2.4%
仕事を辞めた 14.6%
出産や子育てを支援する制度が職場にできた 1.8%
出産に協力的な雰囲気が職場に出てきた 2.6%
正社員になった 0.9%
その他(働く環境の変化) 1.3%
家計に余裕が出てきた 6.2%
その他(経済的な変化) 3.1%
会話が増えた 13.7%
一緒にすごす時間が増えた 17.7%
仲が良くなった 8.6%
その他(夫婦間の関係の変化) 2.4%
子育てが損だと思わなくなった 14.1%
親になる心の準備ができた 25.7%
仕事より家族を重視するようになった 17.3%
配偶者の意識が変わった 15.7%
いま生まないと、年齢的に出産・子育てできなくなると思った 35.8%
夫婦2人だけでは寂しいと思うようになった 13.5%
その他(考え方の変化) 2.0%
親の助けを受けやすくなった 14.8%
親の介護が終わった 0.5%
引っ越して環境が良くなった 12.6%
周りで出産する人が多かった 13.5%
結婚した 24.1%
保育園など子育てを支援する施設やサービスが充実してきた

3.1%

子どもがいる尊敬できる人と知り合った 2.9%
その他(生活環境の変化) 0.9%
治療を受けた 5.8%
その他 2.7%
特に理由はない 16.1%
■Q6.Q5の回答で最も大きく影響したのは、何だと思いますか?
残業が減った 0.9%
給料・ボーナスが増えた 0.5%
仕事にやり甲斐が出てきた 1.5%
転職・転勤などで心機一転した 2.0%
通勤時間が短くなった 0.5%
共働きになった 0.7%
仕事を辞めた 5.1%
出産や子育てを支援する制度が職場にできた 0.2%
出産に協力的な雰囲気が職場に出てきた 0.4%
正社員になった 0.2%
その他(働く環境の変化) 0.7%
家計に余裕が出てきた 0.9%
その他(経済的な変化) 0.7%
会話が増えた 1.5%
一緒にすごす時間が増えた 3.5%
仲が良くなった 1.5%
その他(夫婦間の関係の変化) 0.2%
子育てが損だと思わなくなった 2.9%
親になる心の準備ができた 7.3%
仕事より家族を重視するようになった 2.4%
配偶者の意識が変わった 2.6%
いま生まないと、年齢的に出産・子育てできなくなると思った 18.6%
夫婦2人だけでは寂しいと思うようになった 3.1%
その他(考え方の変化) 0.5%
親の助けを受けやすくなった 1.6%
親の介護が終わった 0%
引っ越して環境が良くなった 2.7%
周りで出産する人が多かった 1.6%
結婚した 13.3%
保育園など子育てを支援する施設やサービスが充実してきた

0.4%

子どもがいる尊敬できる人と知り合った 0.9%
その他(生活環境の変化) 0.7%
治療を受けた 2.9%
その他 1.3%
特に理由はない 16.1%
■Q7.子供が生まれたきっかけや理由について、あなたのケースを教えてください。
  • 今までお互い仕事中心で忙しかったのが退職をきっかけに引っ越しもし環境が変わったことがよかったのかも。(35歳女性・専業主婦・岡山県)
  • 結婚してからずっと経済的に余裕が無かっため、あまり真剣に子供を作ろうと考えた事はなかった。夫婦だけでも楽しく生活出来ていたが、昨年家族で海外旅行に行った時にふと、子供を作る事に消極的だった考え方を“ちっぽけだな…”と思うようになり、急に子供が居ても良いかな…と思うようになった。(36歳女性・その他・埼玉県)
  • 「30歳前に1人は生まなきゃ」とは思っていたが、子育てする自身はなかったので結婚は早かったが子作りをしなかった。が、友人の子供(生まれたて)を見たとき、あまりの神秘的で愛らしく、いとおしく感じた。そう思った時、「産んでも大丈夫。ちゃんと育児できる」と確信したから。(32歳女性・専業主婦・北海道)
  • 結婚して4年ほど、主人が出張で家を空けることの多い仕事をしていたのが、転職して毎日帰宅できるようになり、夫婦で過ごす時間が増えたことが一番の理由だと思う。それまでは本当にバラバラの生活をしていたので、さぁこれからやっと新婚生活の始まりだ!って感じで、リラックスしてたのがよかったのかも?(31歳女性・専業主婦・神奈川県)
  • 上に一人お姉ちゃんがいるので、早くきょうだいを作ってあげたかった。自分自身はあまり年を離さず産んで、早く再就職したかったので。(30歳女性・専業主婦・宮城県)
  • 一人目は普通に。その頃経済的に余裕は無く、子供は一人で良いと思っていた。その後、仕事が増えるとともに経済的にも少々余裕ができたので、二人目を・・と思った。そう思ってからすぐに出来た。(34歳男性・自営業・大阪府)
  • 正社員になり生活が安定してきた事と、実家住まいの為親の支援を受けられる。また、友人などもどんどん子供が生まれてきたことで、親になると言うことを意識し始めた。その頃から避妊を気にしなくなっていったら、自然に生まれていた。(27歳男性・会社員・茨城県)