調査結果

普段喫煙している人としていない人の割合はおよそ3対7で、非喫煙者が多くなっていることがわかった。
 
近年、禁煙エリアが拡大していることにより、受動喫煙の被害が減っているかを非喫煙者に聞いたところ、半数以上が「減っていると感じる」と回答。社会の禁煙化は確実に進んでいるようだ。
喫煙者の一番許せない行為については、「歩行喫煙」(34.6%)がトップで、「乗り物からの吸い殻ぽい捨て」(19.9%)が続いた。
次に、喫煙者にタバコが1箱いくらになったら禁煙するか、との質問には「500円以上」という回答がもっとも多く、38.2%を占めた。一方で、「タバコはやめられない」との回答は16.3%であった。
また、経済的な問題以外でも何かきっかけがあれば禁煙できると思っている人は、7割以上にも及んだ。
喫煙に関する行為で、過去にした経験があるものについて聞いたところ、「歩行喫煙」(72.0%)、「未成年時の喫煙」(63.2%)、「歩行中の吸い殻ぽい捨て」(51.4%)が上位を占めた。
喫煙者と非喫煙者の言い分をしっかりと聞いて、両者が共存できる街づくりを今後とも期待したいところだ。
調査結果
■Q1.あなたは普段タバコを吸っていますか?
吸っている(禁煙したことがない) 15.8%
吸っている(過去に禁煙したことがある) 12.7%
吸っていない(過去に吸っていたが禁煙した) 20.4%
吸っていない 51.1%

■Q2.あなたが禁煙することが出来たきっかけは何ですか?(複数回答可)(Q1で「過去に吸っていたが禁煙した」と回答した人のみ)

健康的な問題 52.7%
経済的な問題 21.6%
なんとなく 20.4%
タバコがおいしく感じなくなった 15.7%
妊娠、または子供ができたから 15.2%
自分の身近な人からの説得 8.0%
結婚したから 5.0%
恋人ができたから 4.2%
テレビ・書籍・新聞などを見て 4.0%
その他 10.2%

■Q3.近年、公共の施設や乗り物など禁煙エリアが拡大していますが、実際に受動喫煙(他人のタバコの煙を吸うこと)の被害は減っていると感じますか?(Q1で吸っていないと回答した人のみ)

減っていると感じる
52.9%
減っていると感じない 35.4%
わからない 11.7%

■Q4.あなたが一番許せないのは、以下のうちどれですか?(Q1で吸っていないと回答した人のみ)

歩行喫煙 34.6%
乗り物からの吸い殻ぽい捨て 19.9%
歩行中の吸い殻ぽい捨て 14.8%
禁煙エリアでの喫煙 14.8%
レストラン等での喫煙 8.0%
未成年時の喫煙 5.9%
その他 2.0%
■Q5.禁煙治療に保険が適用されることに賛成ですか?(Q1で吸っていないと回答した人のみ)
賛成 42.5%
反対 35.0%
わからない 22.5%
■Q6.禁煙期間は最長どのくらいでしたか?(Q1で「過去に禁煙したことがある」と回答した人のみ)
1日以内 0.8%
3日以内 6.0%
1週間以内 12.4%
1ヶ月以内 22.0%
3ヶ月以内 17.2%
半年以内 7.2%
1年以内 11.6%
3年未満 14.4%
3年以上 8.4%
わからない 0%
■Q7.タバコが一箱いくらぐらいになったら禁煙しますか?(Q1で吸っていると回答した人のみ)
値段に関係なく次に値上げしたら 13.4%
400円以上 17.5%
500円以上 38.2%
600円以上 3.0%
700円以上 1.4%
800円以上 1.8%
900円以上 0.2%
1000円以上 7.3%
1500円以上 0.9%
タバコはやめられない 16.3%
■Q8.経済的な問題以外で、何かきっかけがあれば禁煙できると思いますか?(Q1で吸っていると回答した人のみ)
できると思う 75.7%
できないと思う 24.3%
■Q9.あなたは以下のことをしたことがありますか?(複数回答可)(Q1で吸っていると回答した人のみ)
歩行喫煙 72.0%
未成年時の喫煙 63.2%
歩行中の吸い殻ぽい捨て 51.4%
乗り物からの吸い殻ぽい捨て 32.1%
禁煙エリアでの喫煙 11.8%
どれもしたことはない 12.9%
■Q10.禁煙治療に保険が適用されることに賛成ですか?(Q1で吸っていると回答した人のみ)
賛成 68.8%
反対 7.1%
わからない 24.1%
■Q11.「禁煙」、「喫煙」など、タバコについて意見がありましたら、お書きください。
  • 座席が禁煙と区別されていても、煙は禁煙席に来る様ないい加減な禁煙席もありがっかりします。(38歳女性・教職・東京都)
  • 主人が禁煙に何度も失敗しているため、病院で保険適用化になったことがとても嬉しいです。(32歳女性・専業主婦・福岡県)
  • 禁煙は自分の意志で出来るものであり出来ない人は意思が弱いだけであり保険適用には反対であるし、歩行中の喫煙は子供に対して非常に危険でありするべきではない。(46歳男性・会社員・愛知県)
  • 今の御時世なので、喫煙マナーは最大限に守っているつもり。今では歩きタバコをしている人などを見るとムカツキます。マナーを守らない人がいるから喫煙者の肩身が狭くなる。禁煙する事は大いに良い事だと思う。(38歳男性・会社員・秋田県)
  • タバコの値段をすごく高くして、買う気がおきなければ、やめる人が増えると思う。保険適応なんて、問題外。税金の無駄使い。(45歳女性・専門職・新潟県)
  • いつでも止められると思いながら何十年と経ってしまいました。最近は禁煙できる自信がないです。(49歳女性・パート、アルバイト・和歌山県)
  • 吸っていた時はどれほど回りが迷惑しているかわからなかった。吸わなくなって、どれほど不愉快かわかった。(34歳男性・会社員・新潟県)
ブログをお持ちの方からは、トラックバック・アンケートを募集しています。
調査結果を読んだ感想をトラックバック送信してください。
この記事へのトラックバック(TB)送信方法については、以下をご覧ください。
【トラックバック(以下TB)送信手順】
iMiメンバー限定のTB受け付けです。しかも
★分類トラックバック★になっていますので手順をよくご確認ください。
----------------------------------------------
1.この記事の下の方にトラックバック分類のタブが表示されていることをご確認ください。
2.TBの送信先は以下の三つに分類されています。
  [タバコを吸わない][禁煙中][吸っている]
  この三つのうち、あなたの立場に最も近いもののタブをクリックします。
3.[ここにトラックバックを送る]をクリックします。
4.iMiメンバー認証のウィンドウが開きます。
5.認証が完了するとTBアドレスが表示されます。
6.あなたのブログの記事から上のアドレスにTB送信します。
----------------------------------------------
【TB送信謝礼】先着100名様に3ポイントをさし上げます。
【TB送信締切日】《2006年9月19日(月)午前10時》
         または先着100名様に達した時点。

【ご注意】以下の場合はポイントをお付けできません。TBも公開しません。
・指定テーマと関係の無い内容の記事
・虚偽の情報を含む記事
・公序良俗に反する表現や写真を含む記事
・他者の著作権など知的財産権を侵すテキストや写真を含む記事
・意味が極めて分かりにくい表現を含み公開に適さない記事
・他者を誹謗中傷するなど、読者に不快感を与える恐れがある表現を含む記事
・その他、iMiセンターが不適切と判断した表現を含む記事