調査結果

ナンバーポータビリティ制度実施後、キャリア変更の予定があるか聞いたところ、「ある」はわずか8%であった。
 
契約事務手数料として、3000円程度の費用が発生することについて、7割以上が「高いと思う」と回答している。
中高年でも実に8割以上がメールを利用しており、やはりアドレス変更がネックなのと事務手数料が高いというのが、キャリアを変更したくない大きな要因のようだ。
キャリア選びで一番重要なものを聞いたところ、料金(51.9%)、電波・音質(21.7%)、サービス(17.6%)が上位を占めた。
携帯電話の国内契約数が1億台に迫り、個人向け市場が頭打ち状態の中、いかにして消費者の興味を引くかが、キャリア各社の課題だ。
調査結果
■Q1.普段、あなたは携帯電話をどのようなことに利用していますか?(複数回答可)
通話 94.3%
メール 85.5%
Webサイト閲覧 36.2%
その他 3.8%
 
■Q2.ナンバーポータビリティが10月24日に実施予定となっておりますが、知っていましたか?
知っていた 90.6%
知らなかった 9.4%
■Q3.ナンバーポータビリティが実施されたら、キャリア(ドコモ、auなど)変更の予定はありますか?以下からお選びください。(複数ある場合は、一番よく使用しているものについてお答えください。)
ドコモ → ドコモ(変更しない予定)
40.9%
ドコモ → au 2.1%
ドコモ → ボーダフォン・ソフトバンク 1.3%
ドコモ → その他 0.1%
au → au(変更しない予定) 19.7%
au → ドコモ 0.7%
au → ボーダフォン・ソフトバンク 0.5%
au → その他 0%
ボーダフォン・ソフトバンク → ボーダフォン・ソフトバンク(変更しない予定) 12.3%
ボーダフォン・ソフトバンク → ドコモ 1.0%
ボーダフォン・ソフトバンク → au 2.1%
ボーダフォン・ソフトバンク → その他 0.2%
上記に当てはまらない 19.1%
■Q4.各社とも契約事務手数料として、3000円程度の費用が発生しますが、これについてどう思いますか?
高いと思う 73.4%
妥当だと思う 18.0%
安いと思う 0.5%
わからない 8.1%
■Q5.あなたは、キャリア(ドコモ、auなど)選びで、一番重要なものはどれだと思いますか?
料金 51.9%
サービス 17.6%
電波(音質) 21.7%
デザイン 1.5%
ブランド力(知名度) 2.4%
その他 2.6%
わからない 2.3%
■Q6.ナンバーポータビリティについて、何か意見がございましたら、お書きください。
  • 利用する携帯の選択範囲が広がるのでよいが、会社を変える事によってメールアドレスが変わってしまうので、結局は今契約している会社の携帯を使い続けることになると思う。(50歳女性・会社員・富山県)
  • 各社の競争を誘発するのでよいと思う。手数料がちょっと高いような気がしますが、このシステムがないよりはましだと思う。(43歳女性・パート、アルバイト・東京都)
  • 替えたいのは山々だが、手続きや両社の比較など結構エネルギーが必要なので料金を払ってまでやることがそれに見合うかどうか・・・・・。(46歳女性・専業主婦・愛知県)
  • 待ち望んでいたものですが、事務手数料他もろもろの問題がクリアされていませんね。ナンバーだけが持ち出せても、会社が変わることでのデメリットのほうが多く感じられます。(43歳女性・専業主婦・東京都)
  • 番号ポータビリティーに対しては早期運用を望んでいました。現在のところ、キャリアの変更を予定していませんが、今後の各社のサービスの動向をみながら検討しようと思っています。(44歳男性・会社員・千葉県)
  • 携帯電話の会社変更のとき、番号とメールアドレスが替わるために、気軽には会社変更できなかった。まだメールアドレスが変更になるとはいえ、その時々の一番魅力的な機種を選択しやすくなり、とても嬉しい制度だ。(44歳男性・会社員・神奈川県)
ブログをお持ちの方からは、トラックバック・アンケートを募集しています。
ナンバーポータビリティに関する調査について、あなたの分析や意見をトラックバック送信してください。特に、あなたがこのサービスを利用する理由、あるいは、利用しない理由をお書きください。
この記事へのトラックバック(TB)送信方法については、以下をご覧ください。
【トラックバック(以下TB)送信手順】
iMiメンバー限定のTB受け付けです。しかも
★分類トラックバック★になっていますので手順をよくご確認ください。
----------------------------------------------
1.この記事の下の方にトラックバック分類のタブが表示されていることをご確認ください。
2.今回のTBテーマは「私がナンバーポータビリティを利用する理由/しない理由」です。
3.TBの送信先は以下の三つに分類されています。記事の最後をご覧ください。
  [私は携帯メールをよく利用する][時々利用する][ほとんど利用しない]
  この三つのうち、あなたの立場に最も近いもののタブをクリックします。
4.[ここにトラックバックを送る]をクリックします。
5.iMiメンバー認証のウィンドウが開きます。
6.認証が完了するとTBアドレスが表示されます。
7.あなたのブログの記事から上のアドレスにTB送信します。
----------------------------------------------
【TB送信謝礼】3ポイント
【TB送信締切日】2006年10月30日(月)午前10時

【ご注意】以下の場合はポイントをお付けできません。TBも公開しません。
・指定テーマと関係の無い内容の記事
・虚偽の情報を含む記事
・公序良俗に反する表現や写真を含む記事
・他者の著作権など知的財産権を侵すテキストや写真を含む記事
・意味が極めて分かりにくい表現を含み公開に適さない記事
・他者を誹謗中傷するなど、読者に不快感を与える恐れがある表現を含む記事
・非公開blogに掲載された記事
・その他、iMiセンターが不適切と判断した表現を含む記事