調査結果

一方、いじめの現場を見たことがある人は80.8%で、その中の68.1%が「止めに入ったことはない」と回答。その理由として最も多かったのが、「自分もいじめられるのが怖いから」であった。
 
いじめを受けた経験がある人は42%。具体的な内容は「無視・仲間はずれ」、「冷やかし・からかい」、「言葉での脅し」が上位3位であった。また、その中の42.1%が「誰にも相談したことはない」と回答している。
親でさえ、自分の子供がいじめで悩んでいるかどうかを見極めるのは難しい。子供の“異変”を気づく心構えが親、学校ともに求められている。
調査結果
■Q1.あなたはいじめをしたことがありますか?
ある 37.8%
ない 62.2%
■Q1-2.いじめをしたことがある人にうかがいます。どのようなことをしたことがありますか?(複数回答可)
無視・仲間はずれ 78.0%
冷やかし・からかい 62.6%
言葉での脅し 19.6%
持ち物を壊したり隠す行為 13.6%
暴力 11.2%
金品等を奪う行為 2.8%
その他 4.2%
■Q1-3.いじめをした相手に、しばらくしてから罪悪感を感じましたか?
まったく感じなかった 14.3%
多少感じた 50.0%
かなり感じた 35.7%
■Q2.あなたは誰かがいじめにあっているのを見たことがありますか?
ある 80.8%
ない 19.2%
■Q2-2.誰かがいじめにあっているのを見たことがある人にうかがいます。どのようなことを見たことがありますか?(複数回答可)
無視・仲間はずれ 84.8%
冷やかし・からかい 77.0%
言葉での脅し 45.1%
持ち物を壊したり隠す行為 44.0%
暴力 33.2%
金品等を奪う行為 8.2%
その他 10.0%
■Q2-3.いじめの現場を見て、あなたは止めに入ったことがありますか?
ある 31.9%
ない 68.1%
■Q2-4.いじめの現場を見たことはるが、止めに入ったことがない人にうかがいます。その理由はなんですか?
自分もいじめられるのが怖いから 45.8%
面倒だから 22.3%
いじめられている人をあまり知らないから 12.0%
興味がないから 11.0%
その他 8.9%
■Q3.あなたは自分自身がいじめにあったことがありますか?
ある 42.0%
ない 58.0%
■Q3-2.自分自身がいじめにあったことがある人にうかがいます。どのようなことにあいましたか?(複数回答可)
無視・仲間はずれ 73.3%
冷やかし・からかい 63.8%
言葉での脅し 34.3%
持ち物を壊したり隠す行為 24.5%
暴力 19.5%
金品等を奪う行為 5.0%
その他 4.7%
■Q3-3.誰にいじめを受けたことがありますか?(複数回答可)
同級生 95.3%
先輩 18.6%
先生 5.7%
後輩 2.2%
校外の人 1.9%
その他 1.6%
■Q3-4.いじめを受けた際に、誰かに相談したことはありますか?(複数回答可)
相談したことはない 42.1%
両親

34.6%

友達 31.1%
先生 28.3%
兄弟 5.7%
祖父母 2.2%
親戚 1.3%
その他 2.8%
■Q4.いじめについての体験談や意見がありましたら、お書きください。
  • 冗談といじめの境界線が、する側とされる側で異なるのが大きな原因だと思う。(13歳女性・学生・福岡県)
  • 先生や、周りの大人達は「一人で悩まないで」「相談して」なんて言いますが、いじめられている本人にとっては、自分がいじめられているなんて言えません。いじめられているというのは恥ずかしいことだという認識があるのです。プライドが高い子などは特にそうだと思います。ですから、先生達は生徒達の様子をもっと気をつけて見て欲しいし、自分がいじめられているといわなくても、いじめに気づいてもらえるように、工夫をして欲しいです。(無記名の相談用紙など)。(14歳女性・学生・岐阜県)
  • 本当に辛い。私は悪口もシカトもしたことがあるし、また、されたこともあります。辛さ、痛み、苦しみは自分がされてやっと分かるものかもしれません。(14歳女性・学生・宮崎県)
  • 虐められてる側にも問題がある!とか言う人がいますが絶対間違っています。虐めはどんな理由があろうとも虐めた側が悪いと私は思います。(14歳女性・学生・福岡県)
  • 前同じクラスで一番仲の良かった子がイジメにあってました。すごく仲が良くて、いつも一緒に行動してたのですがやっぱりイジメを見て「やめろ」とはいえませんでした。イジメなんてなくなったらいいのに、といつも思います。(13歳女性・学生・福岡県)
  • 正直、だれかがいじめられていても、みんな、笑っているだけで、無関心。(14歳男性・学生・和歌山県)
  • 自分はいじめたこともいじめられたことも有るのですが、すべていじめた人が悪いわけでは無いと思う。(13歳女性・学生・京都府)
ブログをお持ちの方からは、トラックバック・アンケートを募集しています。
この調査について、あなたの分析や意見をトラックバック送信してください。
特に、いじめ問題を少しでも減らすために企業・マスコミ・一人一人の大人ができることは何でしょうか?
この記事への トラックバック(TB)送信方法については、以下をご覧ください。
【トラックバック(以下TB)送信手順】	
iMiメンバー限定のTB受け付けです。しかも★分類トラックバック★になって
いますので手順をよくご確認ください。
1.この記事の下の方にトラックバック分類のタブが表示されていることをご確認ください。	
2.今回のTBテーマは「いじめ問題を少しでも減らすために企業・マスコミ・一人一人の大人が
できることは何?」です。※20歳以上の方にお尋ねしています※ 
文科省のレポートを参考にしてください。	
3.TBの送信先は以下の四つに分類されています。記事の最後をご覧ください。
 [いじめ問題を減らすために、企業ができること][マスコミができること]
  [一人一人の大人ができること][その他できること]
  この四つのうち、あなたの記事の主旨に最も近いもののタブをクリックします。	
4.[ここにトラックバックを送る]をクリックします。	
5.iMiメンバー認証のウィンドウが開きます。	
6.認証が完了するとTBアドレスが表示されます。	
7.あなたのブログの記事から上のアドレスにTB送信します。	
----------------------------------------------	
【TB送信謝礼】3ポイント	
【TB送信締切日】2006年11月14日(火)午前10時	
					
【ご注意】以下の場合はポイントをお付けできません。TBも公開しません。	
・指定テーマと関係の無い内容の記事
・虚偽の情報を含む記事	
・公序良俗に反する表現や写真を含む記事	
・他者の著作権など知的財産権を侵すテキストや写真を含む記事	
・意味が極めて分かりにくい表現を含み公開に適さない記事	
・他者を誹謗中傷するなど、読者に不快感を与える恐れがある表現を含む記事	
・非公開blogに掲載された記事
・その他、iMiセンターが不適切と判断した表現を含む記事