調査結果

まず、今回の問題については、6割が「興味がある」と回答した。「初めて聞いた」は14.1%だった。また、同様に6割が道路特定財源の内容を知っていた。
 
道路特定財源の一般財源化には、賛成とする意見(45.1%)が反対意見(34.5%)を上回る結果となった。

道路整備について、大都市圏と地方についてどう思うかそれぞれ聞いたところ、大都市圏での道路整備が「不十分」との回答が28.5%に対して、地方は49.5%が「不十分」としている。道路の整備が進み特定財源の目的は達したとする意見も出ているが、実情からかけ離れているようだ。

調査結果
■Q1.07年度予算の財務省原案では、道路特定財源の一部を一般財源化することになりましたが、あなたはこのことについて興味がありますか?
大変興味がある 17.2%
多少興味がある 43.2%
あまり興味はない 20.6%
まったく興味はない 5.0%
初めて聞いた 14.1%
■Q2.あなたは道路特定財源について、知っていましたか?

道路特定財源とは?
目的:道路の建設・維持
仕組:揮発油(ガソリン)税、自動車重量税、石油ガス税、軽油引取税、自動車取得税
   以上の5つを自動車等の利用者が負担して道路を造る。使い道は道路関連に限られる。
よく知っていた 11.7%
多少知っていた 48.1%
あまり知らなかった 25.4%
初めて知った 14.7%
■Q3.あなたは道路特定財源の一般財源化に賛成ですか?

今回の問題は道路特定財源の余剰分を道路関連以外にも使えるよう、一般財源化しようとするもの。 道路特定財源はもともと道路整備のためで、しかも整備促進を理由に揮発油税や自動車重量税は「暫 定的」に税率を2倍前後にしている。

賛成意見:
・財政難のなか、道路以外に使い道が広がれば、国家予算の歳出と国債発行を抑制し、硬直化した財政を改善する
・道路財源がふんだんにあるから、無駄な道路が造られる

反対意見:
・余剰があるのであれば、2倍前後の税率の暫定措置を廃止して、納税を強いられているドライバーらの負担を減らすべき
・地方は大都市圏に比べて道路網がぜい弱。道路の整備が依然として必要
賛成 18.5%
道路特定財源の余剰分のみ一般財源化に賛成 26.6%
反対 34.5%
興味ない 6.1%
わからない 14.2%
■Q4-1.あなたは現在の大都市圏の道路整備についてどう思いますか?
十分 50.5%
不十分 28.5%
わからない 21.0%
■Q4-2.あなたは現在の地方の道路整備についてどう思いますか?
十分 26.9%
不十分 49.5%
わからない 23.6%
■Q5.あなたは運転免許証を現在持っていますか?
持っている 90.7%
持っていない 9.3%
■Q6.あなたの車の運転頻度を教えてください。 → 運転免許証を持っている人のみ
ほぼ毎日 39.6%
週4~5回程度 9.7%
週1~3回程度 25.9%
月に1、2回程度 7.0%
ほとんど運転しない 10.4%
まったく運転しない 7.5%
Q7.道路特定財源の一般財源化問題について、何かご意見がありましたらお書きください。
  • 道路特定財源は、自動車に関わる人からの税収であるにも関わらず余剰分を一般財源化するのはおかしい!その分、税金を下げて一般税収を考えるべきであるのではないでしょうか?(43歳女性・会社員・静岡県)
  • 一般財源化したお金を生かしつつ、年金・介護にも回せる様にして欲しい!高い税金を払ってて、要らない物に無駄使いして貰っては困る!(35歳男性・自営業・東京都)
  • 足りない所を補うという面では賛成だけれども、道路に関して特に地方では危険な箇所、歩道がほしいところなどもたくさんある。市民の意見を聞いて、本当に必要なところに使ってもらいたい。(46歳女性・専業主婦・千葉県)
  • いらない工事をわざわざ探して余剰分の予算を使うのであれば、一般財源化して他の用途に使えるようにしたほうが良いと思う。(34歳女性・専業主婦・京都府)
  • 税の有効活用に於いてある程度の余剰金からの一般税への投入は当然である。政治家と道路関連企業との癒着の遮断。地方の誰も通らない道路を造るのは無駄である。(50歳男性・自営業・奈良県)
  • とにかく、そのお金の使い道を透明化して欲しいのと、無駄な物に費やす事をやめてほしい。そういう意味では、今まで何をしていたのか?と思う。天下りなども無駄だと思う。(24歳女性・専業主婦・秋田県)
  • 一般財源化されると何に使われるかわからないので反対。道路に使われているからこそガソリン購入時のガソリン税にも消費税がかかっているようなダブルタックスにも我慢できる。もし一般財源化されるのであればガソリン税は廃止してほしい。(39歳女性・専業主婦・千葉県)
  • 世間でも言われているように道路特定財源が余剰しているなら、その分税負担を軽減して欲しい。自動車は既にぜいたく品ではなく、生活必需品である。特に、公共交通機関が廃止されている地方では車なしでは生活は成り立たない。そのような人たちから高い税金を巻き上げるなといいたい。私の地元でもそうであるが、まだまだ道路網の不備が目立つ。道路整備も不十分なのに何が財源余剰なのかと言いたい。心底頭にくるのである。(20歳男性・学生・愛知県)