調査結果

調査結果
■Q1.あなたが勤めている会社の規模を教えてください。

(n=2790)                                                                   
カテゴリ 件数
1~5名 411 14.7%
5~30名58420.9%
30~100名48017.2%
100~300名 40514.5%
300名以上86831.1%
現在は仕事をしていない421.6%



■Q2.社員採用について一番近いものをお聞かせください。

(n=2748)                               
カテゴリ 件数
新卒採用を現在実施している 1062 38.7%
新卒採用を例年実施していたが、今年は実施しない178 6.5%
新卒採用を例年実施していたが、今年は様子を見ている 893.2%
新卒採用を例年は実施していないが、今年は実施している371.1%
今年は新卒採用を実施していないが、中途採用は実施している 421 15.4%
今年は新卒採用・中途採用を実施していない92033.6%
その他411.5%



■Q3.雇用調整助成金についてお伺いします。

(n=1756)                                                            
カテゴリ 件数
雇用調整助成金の申請を既に行っている 323 18.5%
雇用調整助成金を現在検討している287 16.3%
雇用調整助成金に興味はあるが、詳細は知らない53230.3%
雇用調整助成金自体を知らない34819.8%
その他26615.1%



■会社規模と雇用調整助成金の活用状況

(n=323)                                                                                                                                 
カテゴリ 件数
1~5名30.9%
5~30名247.4%
30~100名6319.5%
100~300名7723.9%
300名以上15648.3%



■雇用調整助成金を検討している会社の割合

(n=287)                                                                              
カテゴリ 件数
1~5名62.1%
5~30名4214.6%
30~100名7927.6%
100~300名6723.3%
300名以上9332.4%



■雇用調整助成金に興味はあるが、詳細は知らない会社の割合

(n=532)                                                                                               
カテゴリ 件数
1~5名20 3.8%
5~30名10820.3%
30~100名10720.1%
100~300名9417.7%
300名以上20338.1%



■Q4.雇用問題、雇用調整助成金について何かありましたらお書きください。

  • 雇用調整助成金を受けるための社内規定の整備が大変(東京・部長担当職)
  • 雇用調整助成金よりも保険料引き下げの方がありがたい(北海道・経営者担当職)
  • 雇用不安を改善する手段と考えていますが、申請コストを減らす方法を検討いただきたいです。(東京・課長職)
  • お金をばら撒くんじゃなく仕事を創出するように政府は頑張って欲しい(福岡・部長担当職)
  • 雇用しても定着が難しく、頭を痛めています。(東京・社長)
  • 現在の雇用状況は現在の経済状況ではある程度仕方が無いが、あまりにも政府に頼りすぎている。(愛知・取締役担当職)
  • 雇用調整助成金とはどういうものなのか知りたい。(東京・部長担当職)
  • あまり知らないのでうまく利用できていないので、この機会に学びたい。(東京・部長担当職)
  • 今の助成金は申請しにくい。もう少し利用しやすい制度にしないと雇用は生まれにくいと思う。(東京・経営者担当職)
  • 特殊な国家資格を持つものを雇用する場合の助成金を検討して欲しい。(理学療法士、看護師等)(埼玉・取締役担当職)
  • 雇用調整助成金のおかげで社員が解雇されずに済んだ。(東京・社長)
  • 現在、高品質の社員を確保する千載一遇のチャンス。(大阪・課長担当職)
  • 就職難といわれてるが人手不足の業界もある、そんな業界へのテコ入れの政策が十分じゃないと思う。(神奈川・経営者担当職)