調査結果

調査結果
サンプル数
10代から60代の災害指定地域(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県)を除く全国男女に調査を実施した。今回の調査は、電力会社の地域ごとに結果を抽出した。サンプル数は以下のとおり。
北海道・東北電力 106
東京電力 532
北陸・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄電力 562
1200
■Q1.あなたのご自宅は「計画停電(輪番停電)」の地域でしたか?
※単一回答/東京電力の事業地域にお住まいの方(n=532人)
計画停電の地域だった 60.2%
計画停電の地域ではなかった 39.8%


■Q2.東京電力管内で計画停電(輪番停電)が実施されていましたが、あなたは3月中旬から今日まで何らかの節電を行いましたか?
※複数回答/10代から60代の災害指定地域を除く全国男女(n=1200人)
  全国 北海道・東北電力 東京電力 北陸・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄電力
使っていない部屋の電灯を消した 73.7% 68.9% 85.3% 63.5%
エアコンの暖房時の設定温度を下げた 25.7% 15.1% 34.8% 19.0%
冷蔵庫の冷蔵強度を下げた 11.7% 11.3% 16.5% 7.1%
洗濯物をまとめ洗いにした 20.5% 21.7% 23.9% 17.1%
乾燥機の使用を控えた 11.3% 10.4% 13.0% 10.0%
自動食器洗浄機の使用を控えた 6.9% 5.7% 8.8% 5.3%
温水洗浄便座(または暖房便座)の温度を下げた・切った 21.1% 15.1% 29.5% 14.2%
使っていない電化製品のコンセントを抜いた 10.1% 4.7% 16.2% 5.3%
電力消費量の低い時間帯に家事を行った 10.1% 4.7% 16.2% 5.3%
なるべく家族が一つの部屋に集まるようにした 24.3% 23.6% 33.1% 16.2%
お風呂は入浴間隔をあけないよう続けて入った 24.0% 23.6% 33.1% 16.2%
その他 6.1% 6.6% 8.3% 3.9%
特に節電は行わなかった 13.7% 12.3% 3.6% 23.5%


■Q3.あなたは、今後どのような節電を行っていきたいですか?
※複数回答/10代から60代の災害指定地域を除く全国男女(n=1200人)
  全国 北海道・東北電力 東京電力 北陸・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄電力
使っていない部屋の電灯を消す 72.3% 67.0% 81.6% 64.4%
エアコンの設定温度を控えめにする 51.8% 30.2% 60.5% 47.5%
冷蔵庫の冷蔵強度を下げる 23.6% 20.8% 29.5% 18.5%
洗濯物をまとめ洗いにする 31.3% 32.1% 34.4% 28.1%
乾燥機の使用を控える 16.9% 17.0% 17.5% 16.4%
自動食器洗浄機の使用を控える 10.6% 4.7% 12.0% 10.3%
温水洗浄便座(または暖房便座)の温度を下げる・切る 29.6% 26.4% 36.3% 23.8%
使っていない電化製品のコンセントを抜く 56.3% 50.0% 62.8% 51.2%
電力消費量の低い時間帯に家事を行う 22.5% 15.1% 30.5% 16.4%
なるべく家族が一つの部屋に集まる 33.1% 29.2% 36.7% 30.4%
お風呂は入浴間隔をあけないよう続けて入る 36.6% 36.8% 37.0% 36.1%
その他 4.2% 4.7% 4.3% 3.9%
特に節電は行うつもりはない 7.9% 11.3% 3.6% 11.4%


■Q4.今後節電に関するどのような情報が必要だと思いますか?
※複数回答/10代から60代の災害指定地域を除く全国男女(n=1200人)
  全国 北海道・東北電力 東京電力 北陸・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄電力
現在の電力使用状況が各電力会社ごとにわかると良い 41.9% 51.9% 43.8% 38.3%
どのような節電方法が有効なのかわかると良い 56.6% 59.4% 53.6% 58.9%
消費電力の大きいもの小さいものがわかると良い 48.1% 46.2% 51.9% 44.8%
現在家庭で使用している電力がリアルタイムでわかると良い 54.0% 53.8% 62.8% 45.7%
その他 0.9% 0.9% 1.5% 0.4%
特に節電に関する情報は必要ない 8.1% 8.5% 5.6% 10.3%


■Q5.今後、節電はどのように行われることが望まれると思いますか?
単一回答/10代から60代の災害指定地域を除く全国男女(n=1200人)
  全国 北海道・東北電力 東京電力 北陸・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄電力
節電はずっと行った方がよい 76.9% 82.1% 74.8% 77.9%
電力供給が安定するまで行えばよい 18.1% 11.3% 21.8% 15.8%
計画停電の時だけ行えばよい 1.5% 0.9% 1.5% 1.6%
節電の必要はない 3.5% 5.7% 1.9% 4.6%


■Q6.節電や電力に関するエピソードやご意見などあれば書いてください。
  • 日本の人たちは節電や原子力の必要性についてもう少し考え直すべきだと思う。あと太陽パネルの設置金額をもう少し安くして使っている家庭を増やすべきだと思う。(北海道:10代男性)
  • 今回は節電や電力消費量といった問題に向き合う良い機会になったので、これからも節電を呼びかけるキャンペーンなどは積極的に行って欲しい。(秋田県:20代男性)
  • 3月下旬から太陽光発電を始めて、どの機器がどれくらい電力消費するのかがわかって太陽光発電だけでまかなえる時があるのが分かり、よりいっそう節電に取り組んでいます。(東京都:50代男性)
  • 今まで、当たり前のように電気をつかっていたが、今回の震災で、限りある資源だと言うことを身にしみて感じました。近畿地方では、計画停電等はありませんが、なるべく節電を心がけるようにし、使っていない電化製品のコンセントは、その都度抜くようにしています。使っていない電気は、ブレイカーを落とすなどして、節電しています。節電を心がけると、節約にも繋がるので、一石二鳥だなと思い、楽しんで節電をするようにしています。(大阪府:30代女性)
  • 近所のコンビニの外の電気を全部消していた。看板も消していたが営業しているのか どうか迷っている人がいた。看板は点いていてもいいのかも。(三重県:40代女性)
  • 日本中の暖房便座の使用をやめると、原発ひとつ分ときいたことがある。便利な世の中になりすぎ、電気に頼りすぎているのがよくわかった。できることを少しずつでもみんなでやれば大きな節電になると思う。大規模停電を起こさないために、できることをやるべき。(静岡県:50代女性)