調査結果

調査結果
■Q1.あなたのお勤め先ではクールビズに関連して、スーツ以外の軽装での勤務を実施していますか?
※単一回答/25歳~59歳の男性会社員・公務員(n=1361人)
5月よりクールビズを実施 36.7%
6月(以降)からクールビズを実施(予定) 15.8%
クールビズは実施しない 16.8%
普段からスーツ以外の軽装での勤務が可能 30.1%
クールビズを知らない 0.7%


■Q2.あなたご自身は、軽装での勤務をしていますか?
※単一回答/クールビズを知らない人以外(n=1352人)
原則的に軽装で勤務 47.8%
どちらかというと軽装で勤務 26.9%
どちらかというとスーツで勤務 11.2%
原則的にスーツで勤務 14.1%


■Q3.あなたは、クールビズの取組に賛成ですか?
※単一回答/クールビズを知らない人以外(n=1352人)
賛成 87.1%
反対 1.2%
どちらともいえない 11.8%


■Q4.環境省では今年はこれまでの「クールビズ」を進化させた「スーパークールビズ」を推進しています。あなたは今年「スーパークールビズ」が推進されていることを知っていましたか?
※単一回答/クールビズを知らない人以外(n=1352人)
内容まで知っている 34.4%
名前だけ知っている 31.9%
知らなかった 33.7%


■Q5.環境省で推進されているスーパークールビズの取組例のうち、あなたご自身、もしくはあなたの勤務先が実行可能だと思うものを教えてください。
※複数回答/クールビズを知らない人以外(n=1352人)
自宅とオフィス、室温28℃の徹底 56.8%
エアコンは必要な場所だけ、必要なときだけ 54.7%
省エネ家電への買い換え 13.5%
扇風機も使って快適・効率的に 44.8%
勤務時間の朝型シフト 19.4%
残業はなるべく禁止に 38.7%
在宅勤務の導入を検討 8.1%
夏休みを2週間に 15.1%
ノー上着を夏のフォーマルに 50.8%
かりゆしやポロシャツ、Tシャツも活用 26.6%
うちわ、扇子や日傘で、ちょっとした暑さを凌ぐ 38.9%
ブラインドで夏の強い日差しをカット 42.5%
日よけ、目隠し、虫よけに、すだれも活用 27.1%
オフィスの窓際に、植物のカーテンを設置 17.5%
省エネ照明や断熱材の導入 21.3%
打ち水でビジネス街の温度調整 20.9%
パソコンなどのこまめなスイッチオフ 49.9%
体内から冷やしてくれる食べ物を摂取 19.0%
冷却ジェルシート、氷のうなど冷やすグッズを活用 22.4%
実行可能なものはない 4.7%


■Q6.クールビズなどにまつわるエピソードなどあれば書いてください。
  • 客のところに行くのに未だにクールビズであることを事前に説明する状況になっている。もっと堂々とクールビズ出来る環境づくりを政府には望む。(大阪府:40代男性)
  • 年配の人を中心にまだまだ身だしなみにこだわる人が多く、クールビズ=だらしないという印象を持たれている。そんなこだわりは捨てるべき時期に来ており、テレビのニュースアナウンサーが未だにネクタイ、上着着用はそれを表していると思う。(大阪府:30代男性)
  • スーツの代わりにアロハシャツでの勤務が考えられたり、使うフロアと使わないフロアでわけ、使うほうだけ冷房を使うという案が出ています。(三重県:30代男性)
  • 老人介護事業所に勤めている。老人の命にかかわることなので、クーラーの設定温度をあげる等にも限界はあるが、扇風機すらなかった昔の時代のご老人の知恵を借りて、涼しく過ごせる工夫を日々行っている。(香川県:50代女性)
  • 窓にはフイルムを貼って、日よけのオーニングも立てかけています。夏場かなり涼しくすごせます。(長崎県:50代男性)