調査結果

調査結果
サンプル数
10代から60代の全国男女、1421名に調査を実施した。各サンプル数は以下のとおり。
  10代 20代 30代 40代 50代 60代
男性 129 116 104 107 109 122 687
女性 134 124 116 118 125 117 734
■Q1.あなたの1日の平均睡眠時間を教えて下さい。
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1421人)


■Q2.では、あなたが理想と思う睡眠時間はどのくらいですか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1421人)


■Q3.最近の睡眠について、満足度を教えて下さい。
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1421人)


■Q4.睡眠について不満はありますか?
※複数回答/10代から60代の全国男女(n=1421人)


■Q5.あなたはどのような「寝る準備」をしますか?
※複数回答/10代から60代の全国男女(n=1421人)


■Q6.あなたは普段、どのように朝起きますか?
※複数回答/10代から60代の全国男女(n=1421人)


■Q7.朝起きてから、完全に目を覚ますために何かやっていることはありますか?
※複数回答/10代から60代の全国男女(n=1421人)


■Q8.快眠のためにしていること、寝ているときのことなど睡眠に関するエピソードなどあれば書いてください。
  • よく眠るために、寝る1時間前までにはPCや携帯電話を使うのをやめるようにしています。中学生の頃、保健室からのプリントに夜にPCや携帯の画面などから発せられる強い光を長時間見続けると脳が「今は朝だ」と錯覚してしまう、と書いてあったのを今でも覚えています。(愛知県:10代男性)
  • 寝る直前に曲を聞いたり、テレビなどを見て寝ると夢に出て来たり影響があるので、なるべく楽しい夢が見られる様に好きな曲やテレビを見聞きして寝る様にしています。(東京都:20代女性)
  • できるだけ0時をこえないうちに就寝するようにすると、短時間でも熟睡でき、目覚めも良い。(茨城県:40代男性)
  • 平日休日関わらずなるべく寝坊はせず、朝から活動することで生活のリズムを乱さないようにしている。そうすることで、夜になると自然に眠気が襲ってくるので、快眠できる。(茨城県:10代男性)
  • 夜は10時前後には床に就くようにしています。大変努力の要ることですが、万難を排して頑張っています。そうすることによって、美容にいいだけでなく、体調が素晴らしくいいのです。皆さんにも是非お勧めします。朝型に代えることは人生を代えるに等しい。(東京都:60代女性)
  • 寝る時間と起きる時間を決め、アラームなどで強制的に起きる習慣をつける→寝る時間をずらしても一定時間で起きれるようになった(寝る時間で起きる時間が予想できるようになった)。(新潟県:10代男性)
  • 昼間は、ガーデニングや畑で野菜を作ったりで忙しくしています。 ウォーキングもやるので、バタンキューです。出来ればテレビ見たいのですが 眠くて目を開けていられません。(静岡県:60代女性)
  • 二人の子供と旦那に挟まれて小っちゃくなって寝ているので安眠はここ何年もしていません。(奈良県:30代女性)



データを引用する場合は

リサーチバンクの記事を引用する場合は、「ライフメディア リサーチバンク調べ」や「ライフメディアのリサーチバンクによると…」等、ライフメディアのリサーチバンクからの出典であることを必ず明記してください。
その際、可能な限り該当記事のURLも記載してください。
詳しい引用方法はお問い合わせください。

『リサーチバンク』に関するお問い合わせ
株式会社ライフメディア
mail:pr@lifemedia.co.jp