調査結果

サンプル数

10代から60代の全国男女、1200名に調査を実施した。各サンプル数は以下のとおり。

  10代 20代 30代 40代 50代 60代
男性 100 100 100 100 100 100 600
女性 100 100 100 100 100 100 600

■Q1.あなたは自転車を持っていますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q2.どのような自転車を持っていますか?
※複数回答/自転車を持っている人(n=827人)

■Q3.どのくらいの頻度で自転車に乗っていますか?
※単一回答/自転車を持っている人(n=827人)

■Q4どのような目的で自転車に乗りますか?
※複数回答/自転車を持っている人(n=827人)

■Q5.次の自転車利用に関する交通ルールのうち、あなたが知っているものを教えてください。
※複数回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q6.自転車の交通ルールやマナーが守られず、怖い思いや不快な思いをした行為はありますか?
※複数回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q7.現在、自転車による事故が増えているため、自転車に関する取り締まりが厳しくなっています。このことについて、あなたはどのように考えますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q8.自転車の便利な活用方法、楽しい思い出や怖い・危ない思いをした体験など自転車にまつわるエピソードなどがあれば教えてください。

  • 香川県:30代男性歩いて4時間以上かかる上に足も痛くなる距離を、自転車で走ると2時間弱で快適に到着できた。自転車はやはり素晴らしいと感じた。
  • 神奈川県:10代女性小さい頃、補助輪を付け庭で練習していたが庭が自転車の練習には狭いので延々とクルクル回っていた。そのせいでカーブは得意だが、まっすぐ進むのが下手だ。
  • 東京都:10代女性中学生のころ、祖母の家まで自転車で行きました。隣県でそれなりに遠かったのですが、車では見られない景色を体験できて、面白かったですよ。
  • 福岡県:30代女性初めは怖いと思っていた子ども乗せ自転車を、今はとても活用している。ヘルメットは、子どもに好きな柄を選ばせたので、本人も気に入って、嫌がらずに着用している。
  • 大阪府:40代女性子供が小さい時、自転車の前かご座席と後ろに2人を乗せて、よく遠出をしました。抱っこのしんどさ、子供を歩かせる面倒さ、電車などを待つ煩わしさなく、夫に頼る必要もなく、行きたいところに行けた。自転車のおかげて、おおらかな気持ちで子育ての初期を過ごすことができました。
  • 長野県:50代女性市街地特に駅周辺は、自転車が小回りが利いて良い。またCO2削減にも役立つと思う。しかし、規律を守った走行や駐輪方法が守られてこそ便利な乗り物と言える。
  • 埼玉県:10代男性小さい頃、歩道で自転車がぶつかってきた。運転者は一旦は「大丈夫ですか」と声を掛けてきたが、痛がっていると、そのまま逃げて行ってしまった。ぶつけられた痛さよりも、あんまりだという気持ちのほうが強く残った。
  • 大阪府:40代男性大人の自転車マナーの悪さが特に目立つ、信号無視、夜間無灯火、スピード出しすぎなど、子供に教える立場の大人が自転車のマナー・ルールを知らないので子供もルールを守らないと思う。学校などで積極的に交通ルールやマナーについてもっと時間を費やすべきだと思う。
  • 大阪府:60代男性自転車は軽車両で道路交通法の適用を受ける事をまったく理解していない人が多い。商店街などで人通りの多いところでも平気で乗っているのを見かけるので、商店街からの自粛要請ではなく、法的に通行禁止にして欲しいと思う。車両でありながら自転車だけ特殊なもののように扱う必要はまったくなく免許制度があってもいいぐらいに思う。
  • 三重県:20代女性イヤホンで音楽を聞いていたロードバイクが猛スピードで走って来たので、自分(車)が止まったら、相手は自分に気づくのに遅れたのか、そのままぶつかってきて自転車は大破、私の車も凹む事故となった。
  • 大阪府:30代女性中学時代に、友人と喋りながら並進していて、歩いていたおばあさんにぶつかってしまったことがある。けがはなかったが、自分が加害者になることに恐怖を覚え、深く反省した。