調査結果

サンプル数

10代から60代の全国男女、1200名に調査を実施した。各サンプル数は以下のとおり。

  10代 20代 30代 40代 50代 60代
男性 100 100 100 100 100 100 600
女性 100 100 100 100 100 100 600

■Q1.あなたは1年前と比べ、ラジオを聴く頻度に変化はありますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q2.あなたは現在ラジオを聴きますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q3.あなたはなぜ、ラジオを聴かないのですか?
※複数回答/ラジオを「全く聴かない」と答えた人(n=403人)

■Q4.どのようなときにラジオを聴きますか?
※複数回答/ラジオを聴く人(n=797人)

■Q5.どのような機器を利用してラジオを聴いていますか?
※複数回答/ラジオを聴く人(n=797人)

■Q6.あなたは、radiko(ラジコ)を知っていますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q7.あなたは、radikoでラジオ放送を聴いてみたいと思いますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q8.ラジオについての思い出やラジオにまつわる話のエピソードなどがあれば教えてください。

  • 沖縄県:30代男性学生時代、徹夜で勉強しているときに、リラックスするためにロック系のラジオ番組をよく聴いていました。あの頃はラジオが最新の情報を教えてくれました。今は情報スピードが速すぎて、自分にはあの頃くらいが丁度よかったのかなとも思います。
  • 広島県:10代女性父の車で高校の受験に向かっていた時のこと。ラジオから好きなアーティストの発売前の新曲が流れてきた。これがとても嬉しく、さらにリラックスでき、良い気分で試験に挑むことができた。
  • 埼玉県:60代女性半世紀以上も昔、ラジオしかない時代は毎日なくてはならない娯楽だった。S盤アワーやL盤アワーなどの洋楽で英語が大好きになった。今も名残でオールディーズは生活に欠かせない。
  • 東京都:30代女性子供の頃、CDが出始めた頃だった。まだ自由に使えるお金がなくCDが買えなかったので、ラジオ番組で流れた新曲をカセットテープに録音していた。ラジオの波長が乱れたりするとかなりショックだった。懐かしい思い出です。
  • 宮城県:40代女性高校時代、オールナイトニッポンを聞いて、2時間睡眠で学校に行っていた。よく授業中寝なかったなーと思う。今は絶対できない。
  • 京都府:50代男性若いころ、友達などへのメッセージを込めて好きな曲をリクエストするなど、受験勉強中に聞いていた深夜放送が懐かしい。中学校の頃、違った高校への進学を目指していた気になる異性同級生から私宛の「受験頑張って」とのメッセージがラジオから流れてきた時の胸の高まりをいまだに思い起こすことがある。
  • 埼玉県:40代男性学生時代はラジオっ子で毎日のように聴いていました。好きな番組には投稿をしたり、イベントに参加したりとなくてはならないものでした。特にイベントでは普段声しか聴けないパーソナリティーの素顔が見れ、直のコミュニケーションができて楽しかったです。
  • 岩手県:20代女性東日本大震災のとき、地震直後から停電が続いたため、自分がどのような状況に置かれているのかを唯一知ることができたもの。
  • 宮城県:60代女性2011年3月11日の震災の時、電気が止まり自宅の周囲は水が引かず陸の孤島となってしまったとき、石巻で何が起きたのかまるでわからなかったのですが、唯一ラジオ石巻は日和山にテントを張って地元の被害や被災者の情報を克明に流してくれました。あの時ほどラジオの存在を身近に感じたことはありません。一日中ラジオを聞き続けました。被害の情報が多くなるに連れ残酷な事実は深い悲しみとなって行きましたが、それでも吹雪き舞う吹きさらしのテントで放送してくれたラジオの放送は心強かったです。