調査結果

サンプル数

10代から60代の全国男女、1200名に調査を実施した。各サンプル数は以下のとおり。

  10代 20代 30代 40代 50代 60代
男性 100 100 100 100 100 100 600
女性 100 100 100 100 100 100 600

■Q1.あなたは普段、平均してどのくらい本を読みますか?(雑誌・漫画・電子書籍等は除く)
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q2.あなたが読書をするのはどんな時ですか?
※複数回答/1年に1冊以上本を読んでいる人(n=867人)

■Q3.本を選ぶときのポイントは何ですか?
※複数回答/1年に1冊以上本を読んでいる人(n=867人)

■Q4.普段読む本は、どのように入手しますか?
※複数回答/1年に1冊以上本を読んでいる人(n=867人)

■Q5.あなたは、最近1年間に電子書籍を利用しましたか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q6.あなたは、電子書籍をどの端末で利用していますか?
※複数回答/最近1年間に電子書籍を利用した人(n=249人)

■Q7.今後、紙の本と電子書籍、どちらの方を主に利用したいと思いますか?
※単一回答/最近1年間に電子書籍を利用した人(n=249人)

■Q8.読書にまつわるエピソード、おすすめの本(とおすすめの理由)などあれば書いてください。

おすすめの本

  • 大阪府:40代男性赤毛のアンシリーズ(村岡花子訳のもの)は時代が変わっても、いつまでも面白い。また、訳者は村岡花子以外にもおられるが、まるで違う物語のようなので村岡花子訳の赤毛のアンをお勧めします。
  • 愛媛県:10代女性「メルストーン館の不思議な窓」この作品はスタジオジブリが製作した「ハウルの動く城」の著者でもあるダイアナ・ウィン・ジョーンズさんが書かれた本で、独特の世界感と特徴的なキャラクターたちが魅力です。想像しにくいかもしれませんが、主人公たちの日常にあまりに違和感なく魔法などが馴染んでいるところも特徴の一つで素敵だと思います。
  • 東京都:30代女性やなせたかしさんの「やさしいライオン」は大人になって読み返しても、とてもいいものです。普段は自己啓発盆や話題の小説を読むことが多いですが、絵本を読むとホッとした気持ちになれます。
  • 愛知県:20代女性梨木香歩の「からくりからくさ」は、梨木さんを好きになるきっかけになった本。読むと景色が目の前に広がるようで、とても穏やかな気持ちになれる。サスペンス、推理、恋愛と言った過激な内容のジャンルばかりでなく、丁寧な文章で読み手の想像力を掻き立てるこんな本を今の若い人に特に読んでもらいたい。

本にまつわるエピソード

  • 埼玉県:20代男性「本は人を裏切らない」という言葉を父親から聞き、それ以来読書を続けています。
  • 茨城県:20代女性本は自分の好きなジャンルを見つけてから好きになった。もうすぐ子供が生まれるが、色々な本に触れさせて、好きなものを見つけてもらいたい。
  • 東京都:50代男性子供のころは親が文学全集などを買ってくれたので夢中で読んだ。日本文学も名作をたくさん楽しみました。最近の新しいものはこちらの集中力切れでなかなかなじめません。読み始めると楽しいのですが。
  • 東京都:30代女性大学のレポート課題を作成するとき、教授に薦められた書籍を一日12時間読み込み、寝るときも枕の中に入れて寝ていた。お陰で良い評価が得られたが、違うレポートは教科書以外は一冊も参考書を読まずに提出したら、再提出寸前の低評価だった。これによって、本を読むことの重要さを思い知った。
  • 千葉県:60代女性本を読み出すと読み終わるまで没頭し読み続けるが(食事も忘れる)、ふと気がついたら翌日の朝日が昇っていたのにはさすがにビックリした。
  • 福岡県:40代女性電子画面の文字読みはとにかく疲れる。パソコンよりも酷い、視力の低下が著しいです。紙の本は安心して読めます。読書週間には古い有名な作家フェスが行われていますが、こういう時に普段決して手を出さないジャンルの本を読むのも良いモノではないでしょうか。
  • 福岡県:60代男性紙の本と電子辞書の両方を読んでますが、どの時点で電子辞書のみに移行するか自分自身で実験中です。キーになっているのは、紙に対する慣れ、愛着、感覚的視覚的なものが電子辞書への移行を支配している。紙がなくなれば、自然に移行はできる。電子辞書世代の子供たちは違和感がないのでは?
  • 佐賀県:50代女性最近、本を読まなくなりました。小さい活字が見にくいこともおっくうになっている原因かと思います。ホテルのサービスで、電子書籍を頂きました。使い方が分からず、しまっています。時代の流れ等、年を感じる今日この頃です。