調査結果

サンプル数

10代から60代の全国男女、1200名に調査を実施した。各サンプル数は以下のとおり。

  10代 20代 30代 40代 50代 60代
男性 100 100 100 100 100 100 600
女性 100 100 100 100 100 100 600

■Q1.あなたは最近1年間で防災訓練(避難訓練)に参加した経験がありますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q2.あなたは、防災訓練(避難訓練)の実施を必要だと思いますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q3.あなたは、直下型などの大きな地震の発生に対してどのように思いますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q4.あなたのご家庭で、大きな地震に備えていることはありますか?
※複数回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q5.「非常用持ち出しグッズ」にはどのようなものがありますか?
※複数回答/「非常用持ち出しグッズ」を備えている人(n=337人)

■Q6.非常持ち出しグッズのチェックはどのくらいの頻度で行っていますか?
※単一回答/「非常用持ち出しグッズ」を備えている人(n=337人)

■Q7.あなたのご家庭で備蓄している水や食料は、およそ何日分ですか?
※単一回答/「水・食料などを備蓄している」人(n=1200人)

■Q8.ご家庭で備蓄している水や食料は、主にどのように管理していますか?
※単一回答/「水・食料などを備蓄している」人(n=1200人)

■Q9.あなたのご家庭での大きな地震への備えは十分だと思いますか?
※単一回答/何らかの地震への備えをしている人(n=821人)

■Q10.大きな地震に備えて何もしていないのはなぜですか?
※複数回答/地震への備えを「特にしていない」と答えた人(n=379人)

■Q11.防災の日や日ごろの防災意識、大きな地震にまつわる話やエピソードなどがあれば教えてください。

  • 岐阜県:30代女性雨のなか防災訓練がありました。イベント的なものは雨で実施されませんでしたが、悪天候での避難訓練はとても参考になりました。非常米?で炊いたおこわ風ご飯の温かさが、ありがたいものに感じたのを覚えています。手順が思うように進まないことも含め、寒さ対策等気付くことも多かったです。お年寄りばかりの参加はやや気になりました。それだけ若い世代には気にかけてないということでしょうか。
  • 福岡県:10代男性日頃地震が、あまりない地方なので、防災訓練にもあまり力が入っていないように思える。
  • 宮城県:50代女性仙台市在住です。簡易トイレは必ず準備しておく(大用)、風呂の水もトイレを流すのに役立つのでためておいて助かりました。3週間の断水を考えると飲み水は給水車、給水所で確保できますが、トイレ用まで給水できないので、そちらの準備もしておくとよいと思います。
  • 東京都:40代男性東日本大震災を経験して初めて本格的な防災意識を持った。妻が震災当日帰宅できなくなり大変心配したので、備蓄だけでなく、あらかじめ緊急連絡方法を複数準備しておくことが大切だと感じた。
  • 静岡県:30代男性登山用具一式はそのまま防災グッズになる。登山靴はがれきの山、割れたガラスの上を歩くのに役立つ。登山リュックは背負って疲れにくい構造になっているので非常時に役立つ。
  • 富山県:40代女性子供がまだ3歳で小さいので、避難などを考えたときに何を持ち出すかなどを常に考えます。成長に従って変わってくると思うので、今後も持ち物はチェックしておかないといけないなと思います。
  • 東京都:20代女性地震の後、食料品が無くなったので、日常的なそなえは必要であるとは思うが、なかなか準備できていない。スペースの確保も問題。
  • 熊本県:20代男性出張で三重県に行くことがあり、地震で津波が起きた時の避難場所について決めていた所がすごいと感じた。地震で津波が発生した場合どのあたりまで津波が来るかなど、分かっているのですぐに対応出来る。東海と違い、九州ではそこまで大きな地震が起きる危機感がないので、自分自身も危機感を持つように心がけたいと感じた。
  • 岡山県:60代女性居住地は地震の可能性はとても少ない地域です。東日本の震災は、この地域でも水、電池など品薄になりました。被災地域の親せき、知人等に送るためとのことです。他人事ではなく、備えはとても重要だと考えます。我が家も首都圏在住の子供から依頼され、カップラーメン、水など3度ほど宅配しました。