調査結果

サンプル数

60歳以上の全国男女、2000名に調査を実施した。各サンプル数は以下のとおり。

  60代 70代以上
男性 754 246 1000
女性 841 159 1000

■Q1.あなたは、「終活」という言葉を知っていますか?
※単一回答/60歳以上の全国男女(n=2000人)

■Q2.あなたは「終活」が必要だと思いますか?
※単一回答/60歳以上の全国男女(n=2000人)

■Q3.あなたは、「エンディングノート」を知っていますか?
※単一回答/60歳以上の全国男女(n=2000人)

■Q4.あなたはエンディングノートを書いていますか?
※単一回答/60歳以上の全国男女(n=2000人)

■Q5.エンディングノートにはどのようなことを書いている・書きたいと思っていますか?
※複数回答/エンディングノートを書いている・書いてみたいと答えた人(n=1025人)

■Q6.なぜエンディングノートを書こうと思ったのですか?
※複数回答/エンディングノートを書いている・書いてみたいと答えた人(n=1025人)

■Q7.あなたはどのようにエンディングノートを書いていますか?
※単一回答/エンディングノートを書いている人(n=138人)

■Q8.あなたは法的拘束力のある「遺言書」を用意する予定はありますか?
※単一回答/60歳以上の全国男女(n=2000人)

■Q7.終活やエンディングノートなどにまつわるエピソードやお考えがありましたら教えてください。

  • 千葉県:60代女性エンディングノートは、良い面と逆に残った者に深い負担や心の傷を与えるのとがあると聞きます、難しいところですね...。
  • 新潟県:70代男性大変に難しい面を持っていると思います。いくら自分では親切心であれもこれも書いたところで、そういうものは残された者は見る気もしないと思われます。そうだとすると、決まりきったことにか書けないものだとも思います。残された者は、自分たちに益になるものだけを必要とする、ドライな面を多分に持っていると思うからです。
  • 神奈川県:60代女性年齢的にもこういった話を友人とする機会がありますが、皆さん一貫しているのは旦那が先に亡くなる前提らしく、まだ用意しなくてもいいねという結論に達します。
  • 埼玉県:60代男性家族に看取られるかは分からないし、過去の事も知らない事が多いだろうから、自分の意識がある内に最期の始末まで書いておけば、後の者が戸惑わずに済むだろう。両親を看取った時、葬式に来られた方の名前、関係が分からず、対応に困ったので。
  • 東京都:60代女性先日、兄を亡くしました。兄は自分の葬儀方法・連絡先等を細かに示してくれていましたのでとても助かりました。自分もそうしたいと思います。悲しみが一層深くなりましたが。
  • 千葉県:70代男性ノートを購入したのは10年前、64歳のとき妻も購入。今74歳肉体労働、塾と教室の運営等などをやっているので、「終活」がピンとこずサボっております。
  • 福岡県:60代女性息子二人に迷惑をかけたくない一心で用意しました。遺影も選んで、費用も付けて準備しました。用意してからは、とても気が楽です。
  • 千葉県:70代女性3月に94歳を迎える認知症の母を自宅介護中です。終末期医療のことなど判断が出来るうちに聞いて置けばよかったと! なので、私も子供達に心配を掛けたくないのでエンデイングノートを...と思っているのです。
  • 東京都:60代男性大学時代の友人が若くして亡くなったが、自身の葬儀一切をプロデュースして旅立っていった。自信の於職業柄だったのかもしれないが、葬儀の時に流れていたジャズが忘れられない。
  • 兵庫県:60代女性死んだ後のことは生き残った者が考えればいいこと。死は自然なことと思うのでできるだけ何も残さぬよう身軽にしてゆきたい。