調査結果

サンプル数

50歳以上の全国男女、1200名に調査を実施した。各サンプル数は以下のとおり。

  50代 60代以上
男性 300 300 600
女性 300 300 600

■Q1.あなたの現在のご自宅は、バリアフリー対策がされた住宅ですか?
※単一回答/50歳以上の全国男女(n=2000人)

■Q2.どのようにバリアフリー対策をした住宅にしましたか?
※単一回答/バリアフリー住宅にお住まいの方(n=281人)

■Q3.あなたのご自宅ではどのようなバリアフリー対策をしていますか?
※複数回答/バリアフリー住宅にお住まいの方(n=281人)

■Q4.今後あなたのご自宅に、バリアフリー対策は必要だと思いますか?
※単一回答/自宅のバリアフリー対策をしていない人(n=919人)

■Q5.どのようにバリアフリー対策をした住宅にしたいですか?
※単一回答/今後バリアフリー対策を必要と答えた人(n=568人)

■Q6.どのようなバリアフリー対策が必要だと思いますか?
※複数回答/今後バリアフリー対策を必要と答えた人(n=568人)

■Q7.バリアフリー住宅にまつわるエピソードなどがありましたら教えてください。

  • 東京都:50代女性両親が定年後に建て直した家をバリアフリーで建てましたが、娘の私が脊椎の病気になり、歩行困難になって階段の上り下りが困難になりましたが、ホームエレベーターを付けていたのでとても助かりました(今は手術で回復しました)。
  • 東京都:70代男性一口にバリアフリーと言っても幅が広いのではないか。結局住む人の生涯の状態に応じて手を入れる必要が出てくることを前提にして段差や間取りなどを考えました。現在は不自由は感じていないので自分にとってはバリアフリーです。
  • 三重県:70代男性母が脳梗塞になり寝室からトイレまでに手すり、玄関にも手すりを設置。風呂も1人では入れるよう介護浴槽をつけた。
  • 静岡県:50代女性住宅を建てるときに床がフラットだったのは自分たちが選んだわけではなくメーカー仕様だった。住みはじけて10年ほどたったときに支援の必要な親を呼び寄せることになり、初めてバリアフリーを意識することになった。このとき手すりなどを設置する工事をしたが、床に関してはすでに準備されていたこととなりありがたく思った。
  • 奈良県:80代男性自宅がバリアフリーだとよその家に行ったときに良くつまずく。
  • 千葉県:60代女性手すりなどリフォームをしてあるが、車イスになった時は無理だと思う。でもなるべく家で過ごしたいのでその時はリフォームするつもり。
  • 奈良県:80代男性元気なうちはどんなバリアフリーがよいか分からない。体験するショールームがあれば見に行きたい。
  • 福岡県:60代女性母親の住居の段差を極力少なくしたが、全部バリアフリーにするのは資金がかかり過ぎるため、自分は介護つき分譲マンションを購入したいと検討中。