調査結果

サンプル数

10代から60代の全国男女、1200名に調査を実施した。各サンプル数は以下のとおり。

  10代 20代 30代 40代 50代 60代
男性 100 100 100 100 100 100 600
女性 100 100 100 100 100 100 600

■Q1.あなたは最近1年間で防災訓練(避難訓練)に参加した経験がありますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q2.あなたは、防災訓練(避難訓練)の実施を必要だと思いますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q3.あなたは、直下型などの大きな地震の発生に対してどのように思いますか?
※単一回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q4.あなたのご家庭で、大きな地震に備えていることはありますか?
※複数回答/10代から60代の全国男女(n=1200人)

■Q5.「非常用持ち出しグッズ」にはどのようなものがありますか?
※複数回答/「非常用持ち出しグッズ」を備えている人(n=337人)

■Q6.非常持ち出しグッズのチェックはどのくらいの頻度で行っていますか?
※単一回答/「非常用持ち出しグッズ」を備えている人(n=337人)

■Q7.あなたのご家庭で備蓄している水や食料は、およそ何日分ですか?
※単一回答/「水・食料などを備蓄している」人(n=1200人)

■Q8.ご家庭で備蓄している水や食料は、主にどのように管理していますか?
※単一回答/「水・食料などを備蓄している」人(n=1200人)

■Q9.あなたのご家庭での大きな地震への備えは十分だと思いますか?
※単一回答/何らかの地震への備えをしている人(n=821人)

■Q10.大きな地震に備えて何もしていないのはなぜですか?
※複数回答/地震への備えを「特にしていない」と答えた人(n=379人)

■Q11.防災の日や日ごろの防災意識、大きな地震にまつわる話やエピソードなどがあれば教えてください。

  • 山形県:20代女性日頃から防災に対しての意識を高めてすぐ避難できるようにしておくことはもちろん大切ですが、大きな災害が発生したときは周囲の人と助け合ったりせざるを得ない状況になることが多く、日頃から近所の人と交流を深めておくことがとても重要だと東日本大震災の時に震災を経験して感じた。
  • 鳥取県:10代男性鳥取県西部地震が発生したとき、自分はまだ幼く今となっては記憶もない。つまり私は大きな地震を1度も体験しておらず、正直地震に対する意識が低いのだと思う。
  • 東京都:10代女性大きな地震が起こった後は意識して防災対策をしていたが、時間がたつにつれて意識が希薄になってしまう。
  • 群馬県:30代男性結婚しアパートに転居したときに、友達に防災グッズをプレゼントされました。ありがたくいただきましたが、ありがたく使う日が来ないことを願いました。
  • 滋賀県:60代女性防災意識は持っていますし、避難場所への経路もある程度は確認していますが、防災用食料や飲料、薬などの備品はまだ揃っていません。ニュースを見る度に途中までは揃えるのですが、いつの間にかそのままになっています。
  • 山口県:40代男性阪神大震災を経験しました。だからこそ思うのですが、生死の境目の90%以上が運だと思います。どんなに準備しても人の力では越えられないモノが、震災だと思います。
  • 福岡県:50代女性地震ではないが台風と水害による被害にあったことがあり、自治体からの支援も得られないまま5日間の停電と断水を経験したことがある。市役所に給水車の要請をしたが水源地も停電の被害にあっており、給水車は出せないとの返答だった。被害の少なかった親戚から発電機を借りて、井戸のポンプを動かして何とか水は確保して、幼児と高齢者を含めた一家八人自力で急場を乗り切った。自治体も同じように被災し被害が広域かつ甚大な場合は、一週間は救援も来ないと覚悟して災害に備えることが重要だと痛感した。